「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 白けた民主的国会    NO.185

 維新と公明を会派に従えたシンゾウの暴走は止まらない。立て続けに強行採決が行われ誰もがこの国の将来に暗澹たる思いを馳せているのではないか。院外行動の参加者の焦燥感も尋常ではない。秩序立った国会の審議模様を見るたびに違和感を抱きこれが民主主義かという煩悶を繰り返しているだろう。
その疑問を氷解するきっかけを手にした。平野貞夫さんの論である。日刊ゲンダイの取材への答えであるが、端的に言えば国会議員は体を張って闘えということに尽きる。戦争への扉を開くものだと確信するのなら、ルール通り形式の枠内で行動するだけなら馬鹿げている。戦争で犠牲になるのは国民であり、その国民の代表として国民の命を守るという使命感があれば已むに已まれぬ行動になる筈だ。シンゾウの清話会パーティーを考慮して採決に協力したなど論外だ。
 成立阻止のためありとあらゆる手段を講じる。それは当然の理である。だのに反対を言うだけで行動が伴わないのは、言葉だけの反対に過ぎず本気でないからで単なるアリバイ作りに他ならない。本気で闘ったことがなくどう闘えばいいかわからないのなら、小沢一郎に聞けということになる。命に関わるとなれば真剣、切実であり、様式に則って処することで事足りる筈がない。
 野党がシンゾウ一派を数の暴力、横暴と非難しようとこのままでは総選挙が実施されても冷めた国民が反自公の投票行動に再結集することは難しいだろう。形骸化した民主主義議会の相棒としか映らないのでは当然の流れだ。
 どんなに不可能と思える事態でも必死の覚悟で体を張って闘う者が3人いれば状況は突破できるという信念を述べた御仁が居る。知識・経験全ての持てる力を総動員するということだ。小生も同感である。
 「山宣ひとり孤塁を守る」たる気概ある政治家は期待できないのか。
(2017.6.1)

<特別寄稿> 安倍狂暴内閣打倒のチャンス!

森 裕子 様
kunihei

日頃から無力ながら応援させて戴いています。
爽やかな五月晴れ、一年で最も陽気な気分を味わえる季節です。
しかし先般の森友学園問題、そして共謀罪の強行採決、そして今回の加計学園問題と
数の力でなんでも押し切る 安倍狂暴内閣と自制心を失い骨抜きになった自民、公明党議員
ハラハラ、ドキドキして観てるのにも堪忍袋の緒が切れそう!
いよいよ貴女の出番です! 国民は皆同じ気持ち、審議拒否! これしかないと思いますが
どうかよろしく! 頑張ってください!

<田吾作の声> 狂った国家  NO.184

 昔から与党による強行採決は見られた。自民党はほぼ一貫して戦後政治を主導してきたが、その間、警職法、安保改定、PKO法など議席多数を背景に成立させてきた。だが今思い起こすと当時の自民党は反対勢力である野党の意見も取り入れており、国民の意思を融合させようとする努力が垣間見れる。
 ところで今回成立させた「共謀罪」法を巡っては、一切野党の意見は取り入れないどころか、多くの疑問にも全く答えない原案通り起立多数で決めた暴挙である。北朝鮮を独裁国家と批判したり自らを民主主義国家だと語る資格を持たないことを証明した。
 テロ防止をいいながら肝心のテロの中身は曖昧で昔の共謀罪法案の焼き直しであるのは、ISなどの国際テロ事件に悪乗りし懸案の治安維持法を成立させることが最初から狙いであったことを示す。国連特別報告者による書簡はこの法がテロを限定せず国民のプライバシーや権利を対象にする恐れがあると指摘している。要は自由を守ると称して自由を奪うものだという訳だ。自民党、維新派、学会派による暴挙は歴史的犯罪として記憶されるだろう。
 トランプ政権の樹立とともにフェイクニュースが世界的に話題になっているが、我が国の場合はよその国では「嘘」扱いされるようなことが現実に起きているのだからより深刻である。現実政治がフェイクなのだ。マスメディアの欺瞞も相変わらずで、ルペンを極右として批判しても、親和性を持つ先輩格として既に極右シンゾウが日本の総理になっていることには口を紡ぐ。ハイル・シンゾー体制は盤石かに見える。
 このシンゾウが改憲を本格的にすすめると進軍ラッパを吹き鳴らした。読売産経が先陣を切り、国民精神総動員に走り出す。アア…
                    (2017.5.25)

<田吾作の声> 国民の声こそ忖度せよ  NO.183

 「忖度」という言葉が流行っているようだ。但し使われる範囲は限られていて霞が関界隈であり、忖度させる側は永田町だから直線距離で2キロ圏内だという。きっかけは森友学園問題で財務省が国有地の払い下げ価格を出鱈目に安くしたことが発覚したことである。それに総理夫人昭恵が絡んでいることで世間の話題になった。指示していないとシンゾウは開き直り昭恵は逃げ回ることに。ところがまたもや加計学園問題が露呈し文科省と内閣府が関与していることが判った。
 日本的な言い回しとして一部の分野で使われている隠語めいた言葉だが、確かに権力者には便利なものだろう。直接言わなくとも、相手が「自主的に(こちらの)意を汲んで」やって呉れるのだから有難いことこの上ない。権力者の持つ日本的特権に他ならない。権力者に阿る卑屈な態度は我が国に於いて長年にわたって培われてきた。そうした傾向の一端として庶民の側には権力側に率直に物言うことは恐れ多いという意識が植え付けられてきたことは見逃せない。それが長じて反対意見を嫌い各種総会も満場一致が当然視され異論は嫌悪され時には排除されることさえある。形は民主主義でも実態は昔と変わらない権力者のセレモニーとしてのものであり、議会さえもどんなに理のある反対意見があっても多数決で原案通り決めるという形式民主主義に堕している。
 史上最悪の狂人が大統領になるアメリカでさえ、トランプの意と反する特別検察官の任命を司法省が行ったという。「史上最大の魔女狩りだ」とトランプが怒る。腐っても鯛かアメリカなりに民主主義は機能している。それに比べて日本は腐りようがない、形式民主主義だから。「忖度」という言葉の意味は深い。
                    (2017.5.19)

<特別寄稿> これは、見果てぬ夢でしょうか?

これは、見果てぬ夢でしょうか?
はせべ

何故か、あの渋ちん財務省が籠池氏に8億円もの国の財産をオマケ。
8億円に驚いていたら、愛媛の今治市は加計学園に36億円の土地を無償譲渡。
しかも大学設立総事業費の半分の96億円を市の補助金で負担するという。
そのうち、今度は千葉県に飛び火。
銚子市が借金して加計学園に92億円の補助金?市有地9.8㌶を無償貸与と。
かつては、福祉がカネになると言われていたが、今や、「学校屋」にとって変わられた。
内閣の大半が「日本会議」のメンバー。
そうそう日本会議のメンバーでない大臣が いました。
公明党の石井国土交通大臣です。
お友達内閣に、特区の受益者にはお友達(親類とも言われている)。
天皇の為に戦い、お国の為に死ねという教育勅語を暗唱している幼稚園児の姿に涙を流す安倍昭恵さん。
その安倍首相夫人は、テレビでやたら安倍首相を持ち上げまくっていた婦女暴行の嫌疑で逮捕直前の山口敬之氏のFBでの言い訳に”いいね!”をしている。
夫人は、事実確認をしているのかしら?
同じ女性として、事実なら”いいね!”は無いですよね。
多くの国民は、アナーキーを超えて、政治は”汚らわしい”、政治に関わる人達も似たかよったかとミミを塞ぎ目をそらす。
だから投票もしたくないと。

時々、思うのです。
2009年の政権交代の時の、あの時を。
はじめて政治に期待を持ち、まわりがキラキラと輝いて見えたあの時。
今一度、小沢一郎氏が作った2012年のマニフェストの骨子を見直すとこれは、どう見ても革命、統治機構をもかえる革命だったと思います。
官僚たちが、「無血革命」が始まったと危機感をつのらせ、小沢排除のシナリオを描きだしたワケですよね。
これは、見果てぬ夢でしょうか?


【小沢マニフェストの骨子とは】 (レオンロザリア氏ツイッターより)

①特別会計の廃止、
②独立行政法人など外郭団体の統廃合、
③天下りによる官僚OBの不労所得の禁止、
④米国による内政干渉の排除、
⑤クロスオーナシップ(新聞社によるテレビ局経営)の禁止と電波オークション制度の導入、
⑥企業団体献金の廃止(「政党評価表」による外資支配の排除)、
⑦消費税引上げ禁止、
⑧最低賃金法の導入と非正規労働の規制強化



プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR