「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 独立未だならず  NO.199

 民進党代表戦が行われ前原誠司が対抗馬の枝野幸男を破って選ばれた。それにしてもこの選挙ほど世間の関心をよばなかった例は少ないのではないか。原発、日米安保、憲法などの重要問題での両者の意見の相違が見られない。率直に言えば自民党内でも通用する考えだから国民が期待する訳がないし、毒にも薬にもならないのだから自民党からは当選歓迎の秋波が送られる。国会議員の中で8人が無効票を投じたというのだから党内のまとまりのなさは相変わらずだ。とっくにこの党の消費期限が切れているのに存在すること事態が日本の民主主義の混迷ぶりを表しているとも言える。
 ところで小生にとってこの党が蛇蝎の如き存在に化したのは、アメリカを後ろ盾とする勢力が謀略を巡らし小沢一郎や鳩山由紀夫を追い出した時の、当時の党内反主流派の面々の党外勢力に呼応した反党行為のためである。当時から自民党やアメリカを第一と崇める勢力がいてその後の民主党・民進党の主流となったのだから日本の政治自体が悪化し劣化したのは当然の成り行きだった。
 だが問題は野党が一致した行動をとらなければ自公の出鱈目な横暴政治にストップをかけられないことである。そのためには野党間の取りまとめ役が必要になるし、そうなると結局は小沢一郎の出番としか思い浮かばない。
 野党間の選挙協力は進むだろう。それしか自公に勝てる要素がないからだ。しかしその動きと同時に、なりふり構わぬ小沢一郎攻撃が動き出すことも明白だ。自公、マスメディア、財界、背後に就くアメリカなどは死に物狂いで暗躍する。日本の政治は何回か対米自立の機会を作り出しその度に自立派は敗北せざるを得なかった。
 これが戦後72年の日本の現実だ。
(2017.9.2)
スポンサーサイト
コメント
No title
敗戦この方米国に仕切られスパイ入り放題盗聴され放題であろう中で、どうすれば本当の独立のための策動ができるのか、悩ましいです。
2017/09/04(月) 11:15 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
辺野古や国会前に集まる年齢層をみてると、
団塊世代の最後のひと仕事に期待したいなあ、
なーんて他力本願な気持ちが・・・ ^^;
2017/09/04(月) 12:28 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
与党対抗軸をつくるといって
民進を離脱していっているかたもいますが
民進内で出来なかったのに?って思うのは変でしょうか
2017/09/15(金) 03:16 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR