「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> シンゾウ疾患に延命措置は要らない  NO.195

 大臣を入れ替え第3次安倍内閣が発足した。文字通り挙党体制でありことの深刻さを物語っている。憲法改悪に反対する岸田文雄を党3役に、総裁選で立候補さえ妨害した野田聖子や原発推進に反対の河野太郎を大臣に取り込んだことだ。しかし政策的にもシンゾウと一番近いと思われる石破茂を外したところが彼の小心な性格を表している。買収し恫喝して国会議員数では有利で安倍一強などと言われるほど権力を確立したが、ヒラ党員間では圧倒的に石破に負けることを自覚(嫉妬)しているので排除したのだろう。反自民の小生が言うのも可笑しいが、シンゾウは党よりも怨念を採る男なのだ。執念だった筈の憲法改悪もあっさり放擲することにも表れている。
 シンゾウは記者会見で、国有地売却の森友・獣医学部新設の加計の両学園問題、防衛省日報問題を自ら国民に不信を招いたと謝罪した。そのための内閣改造で疑惑隠しとの印象は否めない。後任の新大臣も解明するとの強い意思は見られない。
 忘れられないのは防相を辞任した稲田朋美が笑顔で離任式に臨んでいる映像だ。かって舛添要一は高額な海外出張、公用車での別荘通勤、美術品購入が公私混同・公金意識欠如と問題になり都知事を辞職したが、定例記者会見さえ開かず説明を放棄したことが批判を浴びた。ケチな舛添の行動と違い稲田の行動は国の安全に関係し重要性から見れば比較にならない。だのに曖昧に逃げ切ろうとする姿勢は見過ごせない。
 天下国家を言う割には卑近なのがシンゾウだが、国民の信頼回復を本当に願うなら堂々と問題の当事者に説明させるべきだ。勿論、両学園の役職に就いていた夫人も。蚤の心臓では終わらせない。
(2017.8.4)
スポンサーサイト
コメント
No title
内閣改造で山積する問題がどの程度、忘れられてしまうかに注目し、微力でも忘れ(られ)ない努力をです。
2017/08/04(金) 10:28 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
Re: No title
努力をしたいです。
でした。m(_ _)m
2017/08/04(金) 10:29 | URL | 日本一新の会 (多摩出張所) #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR