「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

グローバル化の「恩恵」  NO.194

 異常気象という言葉が全く違和感のない毎日が続く。もともと日本の夏は湿気が多くて南方のさっぱりした暑さとは違うとは言われていたが、最近では東南アジアのようにスコールのような大雨が局地的に降るだけでなく居座り長く続くし、湿気の多い暑い日が年々長くなるのだからたまらない。
 そうした中でブラジル原産の毒蟻ヒアリが国内各地で発見されたというニュースが駆け巡った。当初の一部港だけに止まるという希望的観測も打ち破られ可成りの勢いで全国に増殖拡大しているらしい。スズメバチ並みに毒性を持つので幼児なら命を落とすことさえと伝えられ、母親の間では俄かに関心が高まっている。
 元々のアマゾンに生育していた時は、同じ毒性を持つライバルがいたため生態系はバランスがとれていたが、最初に「移住」したアメリカ南部には天敵が居ず大増殖したという。このアメリカからオーストラリア、タイ、中国などへ飛び火し拡大したのが遂に日本でも確認されたというのが真相のようだ。
 ヒアリ先進国のアメリカは農業大国でもあり様々な退治方法が研究されている。農業被害の原因にはアブラムシを退治する天道虫をヒアリが殺しそれと引き換えにアブラムシの甘露を頂くという共生関係を築くことがあるらしい。そのためヒアリ対策としてゾンビバエを使った生物農薬という方法も生み出されているという。
 考えてみれば温暖化という現象もヒアリの生息条件を満たしたものであり人類が環境破壊の結果招いたものだ。それに加えて自由貿易の無制限の拡大が外来種の節度なき移入を許し、在来種の駆逐を招いているのだから人類の罪は大きい。モノもイキモノも、そして天気までもグローバル化によるボーダレス化が進んでいる。
(2017.7.31)
スポンサーサイト
コメント
No title
ルイジアナ州で仕事をしていた時、刺されました。
すんごく、痛くて痒くて、なかなか治らないです。
テレビで見ると広いお庭の住宅地、じつは裸足であるけない。
すっかり憧れがなくなりました。

北朝鮮のミサイルでまとまった数の人間が死ぬのと、
子々孫々、芝生で寝転ぶことができない未来、
後者の方が深刻な事態かもしれない?
2017/07/31(月) 19:18 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR