「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 新宿デモ行進( #20170709SHINJUKU)

新宿デモ行進( #20170709SHINJUKU)に1/8000人として参加した。

出発前の整列。どうしたって一般の通行人はノボリの周囲を団体と見なす。それでは個人として参加した意味がなくなる。しかし、抗える状況じゃない。
やむなく「肉球新党」の猫のノボリの尻尾に並んでいたところ、気がつくと、後ろに創価学会のノボリ。組織内の抵抗やシガラミを押し切っての参加であろう彼・彼女らに敬意は感じるが、その一員と思われるのは困る。『ひぃ、やめてえ~』という心の叫びが届いたか、新宿通りを左折する頃は、どこかに消えてしまった。

朝から畑仕事で疲れた身体に容赦のない西日が照りつけるなか二時間弱の行進。アルタ前に差し掛かる頃には、歩道からの視線などは意識からなくなり、砂漠で蜃気楼を追いかけるように頭の中が冷たいビールの幻影でいっぱい。

地下のバーで2パイント目のビールを流し込み終わる頃、I氏が現れた。その時間差が列の長さを物語っている。三杯目のビールを乾してバーを出る。
参加者がアルタ前で山本太郎氏と共に熱くなっている頃、私達は前川前事務次官が有名にした例の店にいた。


この記事は有料です。続きは、定期購読をお申し込みください。


うそです。m(_ _)m


界隈の文化研究をライフワークとする新大久保在住20年のI氏による案内で、怪しいカーテンの向こう側の世界へと足を踏み入れる。
・・・・・
一時間後、私達はコマ劇裏のバーのオープンテラスでビールを飲んでいた。
すこし興奮して多弁になったI氏が熱く語っている。
「いっやあ、自分はホント、感動しったす。前川さんて、ホントに最高の人っすよ、やぱ、週刊誌だけで知ったような気になっちゃイカンっす!」
彼の感動を共有するためには、歌舞伎町に関する私の知識と経験が足りない。しかし彼が言わんとすることをある程度は理解できる。
「あの娘、俺に小さい声で『アベソーリて誰ですか?』て聞いたんすよ!」
ある程度は理解できるのだが、それを誤解なく、嫌味なく、さらに誰も傷つけることなく文章に顕すためには、私の知力と筆力が足りない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR