「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 「こんな人たち」の一人として   NO.191

 都議選での自民大敗北の余波が続いている。無能のお友達大臣を更迭でなく内閣改造で入れ替えるという算段をし、疑惑の加計学園問題で国会閉会中審査を実施しながら、肝心の野党が要求する臨時国会開催を先延ばしするというシンゾウの目くらまし的な策謀は続く。問題の張本人のシンゾウ夫婦がG20を口実に外遊中に開くのだから審査自体がアリバイ作りに過ぎず、内閣支持率の低下は続くだろう。
 それにしても投票日前日、唯一の街頭演説で秋葉原に現れたシンゾウが多数の聴衆のヤジに晒されたテレビ映像は国民と現政権との関係を象徴している。聴衆の中に森友学園の籠池理事長夫婦もいて、「嘘つき」と大声でヤジを飛ばす姿があった。テレビを意識していてアキエ夫人が寄付した100万円を返そうとのパフォーマンスも忘れない。森友の復古的な教育内容からして元来は自民党支持者に違いないのに、不利になると切り捨てるシンゾウの冷血さに心底逆上している様子が解る。
 この元祖自民支持者のヤジ集団に向けて、シンゾウが例の絶叫調で声を荒げた「こんな人たちに、負けてはなりません」と罵声を浴びせるのだから、現実はマンガよりも面白い。どんな批判意見にも謙虚に聞くという民主主義の基本を彼が学んでいないことを証明しているしヒトラーやトランプと瓜写しに見える。全ての権力(今や治安維持法のような非常時特権さえ持つ)を保持し、声を上げることしか術を持たない市井の群衆を撃つような姿勢が恐ろしいと感じた。
 その意味では「こんな人たち」は生まれてから一度も自民党に投票したことがなく、今回生まれて初めて共産党に投票した小生にも向けられた言葉だと解したい。萎えそうな心に闘志がもたげる。
(2017.7.10)

スポンサーサイト
コメント
No title
「あんな人達」が政治を牛耳ってるとは、思いもよらなかった「こんな人達」であります。
2017/07/10(月) 16:26 | URL | みゆらま #afXvPe0k[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR