「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 国会に「電動自転車」を走らそう NO.188

 多摩丘陵の一角に住む小生にはチャリンコは絶対必要な道具である。自家用車を所有しようにも現役をリタイア―した身には維持費の負担で不可能に近い。バス利用も考えられるが運賃ゼロの自転車は懐具合からみて最高の移動手段だ。駅を背にして汗をかきかきサドルをこぐ帰宅途中の小生をすいすい電動自転車で軽やかに追い越していく若いママが珍しくない。中には前後に二人の小児を乗せている御仁もいて、思わず「母は強し」という言葉を実感する。
 ところでシンゾウの強権(狂犬)国会が強制終了したが、日本での女性議員の数を増やすクオータ制実現を目指す元労働官僚/元文部大臣の赤松良子さんたちが今後も活動を継続するという報道があった。政治という舞台/道路での電気自動車の役割を果たすのがクオータ制だと理解すれば、至極当然のように思われる。イクメンという言葉が時代の先端を行く言葉として使われるが、その実態がごく限られた恵まれた職場(大企業や中央官庁に代表される一部)だけの例外であることは公然たる事実だろう。乱暴に例えると「働き方改革」で突如出てきた一過性のプレミアムフライデーと本質は同じようなものと言える。そうした国民の眼を欺くものと違って、制度として男女平等を前進させ保障するものとしてクオータ制は必要だ。
 国権の最高決議機関としての国会で議員の男女比が対等になれば、議会での論議が変わってくるし、政治が生活者の視点で語られることが多くなると期待される。そう言えば強権国会の中で自由党の森裕子議員の活動が輝いていた。珍しく民放でその活躍を報道していたのが印象深い。意気地のない男性議員は数がいても戦力にはならないがママの強いことは実証済だ。
(2017.6.21)
スポンサーサイト
コメント
No title
森ゆうこ議員や山本しおり議員みたいならいいけど、
稲田朋美や豊田真友子みたいのだったら・・・ ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
2017/06/22(木) 10:00 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR