「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 印象操作としての総理記者会見


安倍総理の国会における、質問に答えず時間稼ぎをするため手法としては、
・ 修飾語をたくさん入れる(いわば、まさに、など)、
・ 質問を一般化し話し始める(「そもそも政治というものはですね」など)、
・ 質問の主体を中傷する(「だから、民主党の支持率は…」など)、
等が散見されますが、最近のお気に入りの「印象操作」などは、以前から使われている、
・ 質問自体を否定する(「基本的に間違っているのですよ」など)
というパターンの一種でしょう。

国会答弁で繰り返される、「印象操作だ」を聞くたび、私は馬鹿にされている気がします。
私の耳にはそれが、「国民はアホだから、おまえら野党の質問で簡単に印象操作されちゃうじゃねーか、きたねー手を使うんじゃねーよ」と聞こえてしまい、そこに含まれる、「国民はアホだから」という総理の基本認識に反応してしまうからなのですね。

6月19日の会見で総理は国民に向けてこう述べました。

印象操作のような議論に対して、つい、強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として、政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省しております。

それはつまり、「国民がアホなのを利用して、印象操作する野党のやり方に乗ってしまった、申し訳ない」と、国民に向かって、言っているわけですよね。
これを聞いて、総理に何か謝罪されたと、いい気持ちになっている国民はおりませんでしょうか?
それ、印象操作ですから。
彼が何を「深く反省して」いるかを正確に聞いてみれば、考えられる再発防止が「アホな国民をたぶらかす野党の質問にはもう答えません」であり、その結果が、総理と記者による朗読会のような記者会見だったことには合点がいきます。
「真摯に説明責任を果たしていく」の意味も推して知るべしでしょう。

スポンサーサイト
コメント
No title
櫻井よしこ氏の講演会の書き起こし風の文体にしてみました。
2017/06/21(水) 11:50 | URL | みゆらま #382VQomQ[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR