「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 狂った国家  NO.184

 昔から与党による強行採決は見られた。自民党はほぼ一貫して戦後政治を主導してきたが、その間、警職法、安保改定、PKO法など議席多数を背景に成立させてきた。だが今思い起こすと当時の自民党は反対勢力である野党の意見も取り入れており、国民の意思を融合させようとする努力が垣間見れる。
 ところで今回成立させた「共謀罪」法を巡っては、一切野党の意見は取り入れないどころか、多くの疑問にも全く答えない原案通り起立多数で決めた暴挙である。北朝鮮を独裁国家と批判したり自らを民主主義国家だと語る資格を持たないことを証明した。
 テロ防止をいいながら肝心のテロの中身は曖昧で昔の共謀罪法案の焼き直しであるのは、ISなどの国際テロ事件に悪乗りし懸案の治安維持法を成立させることが最初から狙いであったことを示す。国連特別報告者による書簡はこの法がテロを限定せず国民のプライバシーや権利を対象にする恐れがあると指摘している。要は自由を守ると称して自由を奪うものだという訳だ。自民党、維新派、学会派による暴挙は歴史的犯罪として記憶されるだろう。
 トランプ政権の樹立とともにフェイクニュースが世界的に話題になっているが、我が国の場合はよその国では「嘘」扱いされるようなことが現実に起きているのだからより深刻である。現実政治がフェイクなのだ。マスメディアの欺瞞も相変わらずで、ルペンを極右として批判しても、親和性を持つ先輩格として既に極右シンゾウが日本の総理になっていることには口を紡ぐ。ハイル・シンゾー体制は盤石かに見える。
 このシンゾウが改憲を本格的にすすめると進軍ラッパを吹き鳴らした。読売産経が先陣を切り、国民精神総動員に走り出す。アア…
                    (2017.5.25)
スポンサーサイト
コメント
No title
ホントにここまで傍若無人に振る舞って今後の選挙とか気にならないんだろうかと考えると、巷の一部で言われてる不正選挙がホントでだからお構いなしなんだろうか、などとつい思ってしまったり(^^;)
2017/05/25(木) 16:02 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
同じことを言っている人が多いけど、
森掛問題で引きずり下ろせなかったら、もう、ムリなんじゃないかしらん、
て私もおもいます。
もう、止まらない。
たくさんの血が流れるまで。
2017/05/25(木) 16:13 | URL | みゆらま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR