「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<特別寄稿> これは、見果てぬ夢でしょうか?

これは、見果てぬ夢でしょうか?
はせべ

何故か、あの渋ちん財務省が籠池氏に8億円もの国の財産をオマケ。
8億円に驚いていたら、愛媛の今治市は加計学園に36億円の土地を無償譲渡。
しかも大学設立総事業費の半分の96億円を市の補助金で負担するという。
そのうち、今度は千葉県に飛び火。
銚子市が借金して加計学園に92億円の補助金?市有地9.8㌶を無償貸与と。
かつては、福祉がカネになると言われていたが、今や、「学校屋」にとって変わられた。
内閣の大半が「日本会議」のメンバー。
そうそう日本会議のメンバーでない大臣が いました。
公明党の石井国土交通大臣です。
お友達内閣に、特区の受益者にはお友達(親類とも言われている)。
天皇の為に戦い、お国の為に死ねという教育勅語を暗唱している幼稚園児の姿に涙を流す安倍昭恵さん。
その安倍首相夫人は、テレビでやたら安倍首相を持ち上げまくっていた婦女暴行の嫌疑で逮捕直前の山口敬之氏のFBでの言い訳に”いいね!”をしている。
夫人は、事実確認をしているのかしら?
同じ女性として、事実なら”いいね!”は無いですよね。
多くの国民は、アナーキーを超えて、政治は”汚らわしい”、政治に関わる人達も似たかよったかとミミを塞ぎ目をそらす。
だから投票もしたくないと。

時々、思うのです。
2009年の政権交代の時の、あの時を。
はじめて政治に期待を持ち、まわりがキラキラと輝いて見えたあの時。
今一度、小沢一郎氏が作った2012年のマニフェストの骨子を見直すとこれは、どう見ても革命、統治機構をもかえる革命だったと思います。
官僚たちが、「無血革命」が始まったと危機感をつのらせ、小沢排除のシナリオを描きだしたワケですよね。
これは、見果てぬ夢でしょうか?


【小沢マニフェストの骨子とは】 (レオンロザリア氏ツイッターより)

①特別会計の廃止、
②独立行政法人など外郭団体の統廃合、
③天下りによる官僚OBの不労所得の禁止、
④米国による内政干渉の排除、
⑤クロスオーナシップ(新聞社によるテレビ局経営)の禁止と電波オークション制度の導入、
⑥企業団体献金の廃止(「政党評価表」による外資支配の排除)、
⑦消費税引上げ禁止、
⑧最低賃金法の導入と非正規労働の規制強化



スポンサーサイト
コメント
No title
ここ数年の安倍政権の狼藉を踏まえた今なら、このマニフェストにグッとくる人たちが増えているかなぁ
2017/05/15(月) 11:39 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
たしかに革命、とんでもない難易度だったと、今になってわかります。
小沢氏ご自身の想定以上に道は険しかった、てことなのかしらん。
想定以上に国民が不甲斐なかった、てことなのかしらん。
2017/05/19(金) 13:09 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR