「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 権力の味   NO.179

 総理安倍晋三の妻アッキーの話題がマスコミに出ない日はない。一躍彼女が時の人となったのは森友学園問題で、後援会長として金集め人集めの広告塔を演じたこと、園の敷地として国有地が破格の値段で払い下げられたことが明らかになったが、私人の筈なのに何人もの官僚のお付きを従えていることも暴露され驚かされた。
 某製菓会社の幹部の出でお嬢様育ち(実は世間知らず)、自由奔放(単なる目立ちたがり屋)で衝動的な振る舞い(考えることをしない行動派)でスキャンダルをまき散らす御仁である。新時代のファーストレディともてはやす向きもあるが、シンゾウ自体も困っているのが真相だろう。それが国会での野党からの追及に対する「妻に対する」「私と妻への」名誉を損なうものとの声高な異常な反論答弁に表れている。
 注目したいのは森友学園の時代遅れ教育(教育勅語の内容の現代化)を評価し意気投合し後援会長におさまった点だ。素晴らしいと感激した彼女がいみじくも古風な(反動的な)女であることを証明するものだが、だからこそシンゾウの妻であることの存在理由でもある。夫唱婦随、言葉を代えればお馬鹿夫婦の見本である、それも傾城の。
 ところで最近売り出しの山口の酒に獺祭がある。それを郷土の酒として推奨したのがシンゾウで火付け役の一人となったらしい。権力者に阿る在京の飲食店の輩共がシンゾウの機嫌をとるために我先にと獺祭を取り扱い始めたからたまらない。増産に応じるため原料山田錦を獺祭の蔵元が買い占めたことで他の酒造元が困っているという事態になった。
 アッキーが経営する神田の居酒屋には地酒が30種類もあるという。当然、獺祭もあるだろうが、真相を知る者には戴けない。
(2017.4.15)
スポンサーサイト
コメント
No title
やっぱりそーでしたか、獺祭ブーム。
まあ、二年はもたないでしょう。
2,3年前のシングルモルトや、
バブルの頃のボジョレーヌーボーみたいなもんで。
2017/04/15(土) 21:45 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR