「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 森友学園ー見るものが見られるものへ

 ご多分に漏れず、森友学園問題をウォッチしている。
 厳密に言えば、森友学園問題を通して、「メディアを」ウォッチしている。

 「ネットでここまで騒がれているのに、なぜ、テレビでは取り上げない?」といった声が高まる中、最初に放送したのがテレ東だったというのは愉快だった。
 その後、恐る恐る、ぽつりぽつりとニュース番組が取り上げ始め、視聴率が取れるとみるや、ワイドショウのメディア・スクラムが始まった。
 しかし、よく見ると放送時間は増えたが情報量はそれほどでもなく、問題は矮小化され、コメンテーターは切り離されたトカゲの尻尾と戯れるような具合になっていった。
 ところが、ニュースソースのほとんどを菅野氏に独占され、彼がツイッターを通じてネタを小出しにして情報をコントロールしたことにより、メディアは篭池劇場の政界への延焼を防ぐことに失敗、続いて氏を怪しい人として菅野劇場化する演出にも失敗した。

 通常、メディアが見た「事実」が市民に伝えられる構図が、奇しくも菅野氏のツイートにより、メディアが「事実」を作り出す工程そのものが市民に開陳され、メガネのレンズの汚れを見るように、見るものが見られるものに転換した。この三角測量のような機会を与えてくれた菅野氏に感謝、感謝。

 この構図が生み出した擁護するものすべてをアホに変えてしまう森友学園問題に、火中の栗を拾う田崎スシローや池田信夫はじめ、塚本幼稚園を推薦してきた日本会議の文化人達の忠義心もへったくれもない逃げ口上など、豪華バイキング料理のような1ヶ月ではあったが、いよいよ、明日、籠池氏が国会に登場。

 「民間人を国会に呼ぶのは」なんて抵抗してた連中が、籠池氏が安倍昭恵氏の学園寄付に触れた途端、掌返し。主演の役人や知事の国会招致も、参考人招致もすっとばして、瞬く間に証人喚問が決まった。この経緯からみて、与党はなりふり構わず、味噌樽ズボンを仕込んででも、偽証罪をでっちあげて公開処刑を実行、阿吽の呼吸でメディアは「第2の永田メール事件」と騒ぎ、国有地と設置認可の疑惑を籠池氏に背負わせたまま、闇に葬るつもりだろう。追い込まれたフリージャーナリストが失踪なんてオマケさえつくかもしれない。
 そうなればこの国で、メディアは二度と飼い犬の手を噛むことはなくなり、検察は沈黙し続け、司法は腐り、北朝鮮のような監視国家になってしまう。

 大袈裟に感じる人もいるかもしれない。そうあってほしい。悪い夢は話したほうが現実化しない、悪魔は名前を呼ばれたら消え去る、そう思って縁起でもないことを書いてみた。
 皮肉と魂を込めて言う。皇国の興廃この一戦にあり。
 暴れるトカゲの尻尾をトカゲ本体が軍靴で踏み潰すような籠池劇場の幕引きを許さずに、きっちり、大阪府と財務省の疑惑を暴き、願わくば、でんでん劇場の終演につなげてほしい。

スポンサーサイト
コメント
No title
今、言っておかなきゃて思いたち、急いで書きましたです。
2017/03/22(水) 11:56 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
寒気と吐き気が止まらない。
http://www.asahi.com/articles/ASK3Y3VSNK3YUTFK007.html
学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、自民、公明両党が学園の籠池泰典氏を議院証言法違反(偽証)の疑いで告発するための証拠集めを検討していることについて、菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、「政府として必要な協力は行っていきたい」と述べた。
 籠池氏は証人喚問で、安倍晋三首相の妻の昭恵氏から寄付金100万円を受け取ったと証言したが、首相は否定している。菅氏は会見で、「籠池氏は私どもの認識と真っ向から異なる内容を述べている。証拠のない言い合いを続けるよりは、客観的な証拠を示し、事実を解明することが大事だ」と強調した。

http://www.sankei.com/politics/news/170329/plt1703290002-n1.html
自民、安倍晋三首相意向で一転、強硬姿勢 早期決着に向け緊急会見

自民党は、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏の証人喚問における発言に虚偽の疑いがあるとして、28日夕に緊急の記者会見を開き、偽証罪の告発に向け強い姿勢で臨む立場を示した。「森友学園問題」が長期化の気配を示す中、早々に区切りをつけたい安倍晋三首相の強い意向が働いた。

 記者会見を開いた西村康稔総裁特別補佐は「事実関係について首相と何度も確認している」と述べ、首相との連携を強調した。実際、籠池氏の発言の検証は首相の指示でもあった。

 出席者によると、首相は28日夜の党幹部との会合で「明らかになったのは、籠池氏がかなりの嘘つきということだけだ」と批判した高村正彦副総裁の発言などに「良かった」と述べたという。ただ、一方的に「嘘」を証言されたとはいえ、先週末の報道各社の世論調査では首相や昭恵夫人の説明が不十分との意見が多かった。そこで、積極的なアピールに打って出たわけだ。

 森友学園問題で積極的な発言を控えていた公明党の圧力もあった。告発は予算委員会の3分の2以上の賛同があれば可能で、自民、公明両党の合意で実現できる。自民党の下村博文幹事長代行は26日、過去の告発は全会一致が慣例だとして慎重姿勢を示したが、公明党の大口善徳国対委員長は28日、自民党との国対幹部会合で「不用意な発言だ」と不快感を表明。自民党の竹下亘国対委員長は「同じ考えだ」と釈明した。

2017/03/29(水) 19:39 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR