「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> マスコミよ、カイより始めよ   NO.176

 欧州の右傾化、排外主義が強まっているという。過日、その先陣を切ったオランダの国政選挙では極端なイスラム排除を主張する政党の伸びが予想より下回り政権獲得には及ばなかった。マスメディアに安堵の声が広がった。中身を知るとより強硬な方針を掲げる政党が新たに議席を獲得したり、与党第一党も従来方針を右寄りに転換しているというから安堵する事態ではない。相変わらず荒唐無稽なメディア報道である。
 今後続くフランスやドイツの選挙でも保護主義の台頭として「危機」を強調するだろう。それはトランプ報道でも同様である。小生とて世界の政治情勢への懸念は人語に落ちないが、彼らの報道が説得力を持たないのは肝心の視点を欠いているからだ。それは我が日本国総理シンゾウが国際社会の先導役を果たしているのを批判しないという姿勢であり、見事なほどのダブルスタンダードに他ならない。要は他国の批判は自由に出来るのに自国の権力に対しては全く批判できないのだから堕落としか言いようがあるまい。
 3月3日の東京新聞で、昭和の日本社会の右傾化は軍部が新聞社幹部を片っ端から酒を飲ませ親密な関係を作ったことが背景にあると、半藤一利が語っていた。そう言えば全国紙幹部とのシンゾウとの夜の懇親会が頻繁に行われているとの情報をミニコミが伝えている。日本のマスコミの第一の使命は日本社会の健全な発展に寄与することにある筈だ。流行りの言葉で言えば「ジャパン・ファースト」である。だのに権力者と同席することで一端の社会的地位を甘受し権力者におもねる様は情けない。彼らには戦争協力者との反省も、むのたけじの生き方への矜持もないらしい。第4の権力と呼ぶ意味が興味深い。
(2017.3.18)
スポンサーサイト
コメント
No title
トランプ騒ぎをみては、独立したマスメディアを持つ国が、羨ましい、
朴槿恵大統領騒ぎをみては、独立した検察特捜部を持つ国が、羨ましい、
と思う今日このごろ・・・

2017/03/18(土) 20:17 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、安保法案成立に伴い「平時はブログを開設するほどではないけれど、今回だけは黙っていられない」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。よろしくお願いします。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR