「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 酔払うとなくなる記憶について

 酔払うと記憶がなくなる。
 当出張所の面々も同様で、今年の新年会の翌日には反省して「次回の集まりはアルコール抜きでね」と固く誓いあった。
 「権力に対する人間の闘いは、忘却に対する記憶の闘い」ともいう。こんなことでは「日本一新の会」の看板が泣いてしまう。

 とくに私の場合、話した記憶はあるのに誰に話したかは憶えていない、ということも多い。「話したい」が先にあり、相手なんて誰でもいいとでもいうのか。本性が知れるようで、ほんとに恥ずかしい。

 もっとも、酔わなくても記憶力は減退の一途を転げ落ちている。
 しかし、年齢を理由にはしたくない。平野妙観の顔が浮かぶからだ。
 もちろん、アルコールのせいにもしたくない。禁酒を勧められるからだ。

 そこで思いつくのがネット検索。
 ワープロが普及し始めた頃、「漢字が書けなくなった」というオジサマの嘆きを多く耳にした。ネット検索が普及した今、固有名詞を脳ミソから引っ張り出す能力の低下は多くの人に見られる傾向なのではないか。
 飲み屋の会話でも、「えーと、なんつったっけ、あの女優は…」などといって、スマホが登場する機会が増えた。ガラケーの時代なら「忘れる程度のことなら、話題として持ち出すな」という場面ではあるが、関心が高くても固有名詞を記憶しているとは限らないのだから、仕方がない。


 書店で買い求め、読了した直後でも、著者の名前を憶えているとは限らない私などはきっと、ネット社会の最先端で病んでいるのだ。老化やお酒のせいではなく。
スポンサーサイト
コメント
No title
田吾作師匠の四日後にアップする、てのを
自分に課してみております。
2017/03/13(月) 12:53 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
No title
70代の小生からすれば平野貞夫さんの記憶力は抜群だ。自分の記憶力が落ちていて言うのは憚れるが、「最近の若いもんの記憶力障害は酷いと感じることが多い」のも事実。ここでひらめいた、彼らは小生の記憶力減退コンプレックスに同情した咄嗟の行為であり、流行り言葉でいう「寄り添って」呉れたんだと。因みに次回はアルコール抜きでと発言した御仁は小生なんだけど…
2017/03/15(水) 15:49 | URL | 多摩の風 #-[ 編集]
No title
そ、そーです! 寄り添ってみたのであります!
ア、アルコール抜き発言につきましては、
記憶しておりませんので、虚偽答弁にはあたらないかと・・・(大汗)
2017/03/16(木) 09:58 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR