「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 教育って何だ     NO.174

 文科省の天下り報道を見ていると、この国がつくづく病み腐っていると感じる。集中した権限をフルに使い退役後の幹部を思いやりぬくぬくした生活保障を考える部署があるのも驚きで、国立大学は完全に植民地化している。この事実だけでも利益相反行為ではないのかと怒りが沸く。現役官僚が予算配分で手心を加えることは天下った先輩への配慮であり、自らへの第二の人生への投資にもなるのだから。
 国立大学の独法化は国の予算合理化の中で生まれ、大学は研究費を削られ利益を上げるために企業との連携が進み今や一体化している。実利につながらない基礎研究は軽視されるという深刻な事態になっている。私立も含めて大学自体が学問/研究の府というイメージが薄れ、学ばない考えない学生排出の場と化している。
 昔は貧乏人の子弟の救いは授業料の安い国公立大学へ行くことだったが、今や軒並み授業料が高騰し大学生は勉学よりもアルバイトに精を出さざるを得ない現実が一般化している。奨学金を借りた学生には、就職後も長いローン支払いの人生が待っている。非正規が半数を占める格差社会は奨学金の返済を許すような余地を与えない。奨学金返還「人生のリスク」、強制執行10年で120倍、という記事が新聞の一面に踊る。その横にあざ笑うかのように文科省問題の記事が並ぶ。
 国会では大阪の私立学校への国有地をただ同然で払い下げた問題が焦点を浴びている。そこの教育内容は戦前の教育勅語の内容を再現した酷いもので、中韓憎め・シンゾウ万歳を幼児に教え込むという。しかもこの「安倍晋三記念小学校」の顧問にシンゾウの妻が堂々と名を連ねたというのだから唖然とする。なのに地検特捜部は動かない。ヤレヤレだ。
(2017.3.3)
スポンサーサイト
コメント
No title
卒業したら、まずやることが自己破産手続き。
そんなとまで米国追従しなくてもいいのに。
2017/03/03(金) 12:52 | URL | みゆらま #LkZag.iM[ 編集]
教育
洗脳です

ロシアではゴリラに機械をつけて兵士にする研究をされたことがあるそうです
2017/03/08(水) 21:14 | URL | 大豆麦 #5vjrBZrc[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR