「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 差別を憎む

 差別について書くのは勇気が要る。
 偽善者と呼ばれる覚悟か、加害者と呼ばれる覚悟、あるいはその両方が必要になるから。

 昨日、回転寿司を弟家族と食べているときに乾燥菊芋の話になり、その歯触りを説明しようとして、「えーと、なんだっけ、お菓子のアレ、シュガーじゃなく、ニガーじゃなく、そう、ヌガー!」と説明したら、弟が「こ、こんな所で」と慌てた様子。
 視線の先を追うと、通路を挟んだボックス席に黒人の母子。
 私の声が母親の耳に届いて、楽しいはずの外食が台無しになっているかも。そう考えると、穴があったら入りたい気持ちになった。
 帰宅して、カミさんに話をすると、ここぞとばかりに、私の言動の軽率さ、日常生活全般における配慮の不足、性格の冷淡さなどの厳しい指摘を受け、穴からはみ出たお尻をムチ打たれ、鷹の爪を擦り込まれてる気持ちになった。

 ああ、差別が憎い。
 差別を受けている人たちへの同情や義侠心ではなく、私は今、私の「好きに話す自由」を奪う差別が憎い。
 もちろん、単語に罪はない。差別語を差別的に使う奴らが悪いのだ。奴らを差別したい。ああ、私を差別主義者にしてしまう、差別語を差別的に使う奴らがホンットに憎たらしい。

 同じ日の東京新聞、「こちら特報部」のデスクメモを思い出した。
>差別は多数派の知性や偏見の産物だ
>多数派の学びは義務なのだ。
 牧記者ならではの説得力。異論はございません。学びだけでなく、公の場で発してはならぬ単語があり、それを守るのも当然、社会人の義務であります。十二分に反省し再発防止を心掛ける誓いを強調したうえで、論を進めます。

 ハラスメントの多様化が進んでいる。セクハラ、パワハラ、モラ(ル)ハラ、アル(コール)ハラ、アカ(デミック)ハラスメント、スモ(ーク)ハラ、スメ(ル)ハラ、等など。ラーメンをすする音はヌー(ドル)ハラなのだそう。
 差別やハラスメントを誘発する名詞の使用を避けるポリコレ(ポリティカル・コレクトネス)という言葉を最近、よく聞く。
 ビジネスマンをビジネスパーソン、障害者を障がい者、米国では「メリー・クリスマス」は(非キリスト教徒に抵抗感があるので)「ハッピー・ホリデーズ」ていうとか。
 人を傷つける攻撃的意図を持たない人にとっては、なんだか面倒で息苦しいな、と感じてる人も多いはず。だけど、相手は正論、黙して従うより他はない。
 そんな薄く広い、潜在的不満を熱源に利用して、石原都知事や橋下府知事やトランプ大統領が現れたのだとすれば、正論と戦う彼らが反知性の色彩を帯びるのは理の必然で、それを正論で批判しても鼻白むだけなのかもしれない。
 彼らの「最も有害なものはババァ」「集団買春は中国へのODA」「イスラム教徒は入国を拒否」という発言に、快哉を叫ぶ人が増えているとすればそれは、差別の対象やハラスメントの種類やポリコレワードの増加に比例している、と私は推測する。

 あらゆる差別やハラスメントに注意して、ポリコレワードを収集し、全方位的配慮のもと言葉を選んで発言する、なんて私にはムリ。かといって、沈黙できる性分でもなし。かくなる上は、えーい、知るもんかと開き直れば、石原や橋下やトランプの暴言を支持する人たちの列に加わることになってしまうのか。それを思うと、ひどく気が滅入る。

 差別にあたる言の葉を、集めて芋を焼いたなら、ほんのり甘い優越感と背骨も曲がるダイオキシン。
 ああ、唇に貼るホカロンがほしい。


スポンサーサイト
コメント
No title
これは一昨日の出来事だったのですが、今朝のモーニング・クロスというニュース番組で、(東大首席で弁護士で元財務官僚でハーバードロースクール帰りで超美人の)山口真由さんがミスコンを例に、「評価を禁止するのでなく、皆が色んな評価をしまくるしかない」みたいな事を言っていて、ちょっと元気づけられました。
2016/12/12(月) 12:12 | URL | みゅらーまん #LkZag.iM[ 編集]
No title
昔、『ちびくろサンボ』という絵本があり息子によく読んだことがある。息子の目を輝かせて聞く様が懐かしい。ところが何年か経って黒人差別だという理由で絶版になることがあった。文字や言葉が遅れた社会では人を傷つけ時には人格破壊にもつながることがある。野放しでこうした文字や言葉を使える社会が「自由」とはイコールではない。差別する側では「自由」でも対象者は、不自由どころかコンプレックス、反感、復讐など負の意識を増長することになる。使い慣れた言葉だが「踏まれた人は忘れない」のだ。要はこうした文字や言葉が何のてらいもなく使える、出自や門地など全くとらわれない社会が来ることでしか解決できない問題だと思う。
2016/12/12(月) 13:40 | URL | 多摩の風 #-[ 編集]
No title
おお、私のコメントが、「不適切な表現を含む」といって、受付を拒否された。
どこかに差別語が?
2016/12/13(火) 14:05 | URL | みゅらーまん #-[ 編集]
No title
> 出自や門地など全くとらわれない社会が来ることでしか解決できない問題だと思う。
ですねー。
そんな社会を目指す過程として、個々の努力で言葉を選ぶのが現段階、と思いたいのですが、
そばを食う音まで気を使うのは、疲れるなあ(笑)

前述の牧記者も実家が肉屋で、差別的に見られる職業であることを知らなかったそうです。
そーやって、オトナは気をつけてなるべく使わない、そこで育つ子供はそれを知らない、という流れで、差別が消えていくのが自然で理想だと私は思うのですが、
忘れた頃に差別語を差別的に使うバカが現れて、
台無しにしてくれちゃうようで怒りを感じます。
百田みたいのが野放しで、事故みたいな私の失言で自責の念に苦しまなければならん、というのが、どうにも不条理で。
知らぬことが差別で、気付かぬことが差別なら、いっそ、被差別の側にまわって、自由を得たい、そーだ、明日から、みんな、俺の事を、●●●●と呼んでくれい、て宣言したくなったり。(笑)
2016/12/13(火) 14:09 | URL | みゅらーまん #LkZag.iM[ 編集]
No title
あはは、どーやら、
「包★茎★野★郎」
が禁止後のようですね、FC2は良識のハードル高いなあ。
売上の主力がエロ動画とはとても思なーい。(笑)
2016/12/13(火) 14:14 | URL | みゅらーまん #LkZag.iM[ 編集]
No title
日本でちびくろサンボを絶版に追い込んだ「黒人差別をなくす会」を前にウィキで調べたら小4の子供の「正義感」に親が乗っかって騒ぎ出した印象で
アンタラ当事者でもないのにナニ勝手に代理代弁してるの?って違和感を感じました(^^;)

小学生の頃、同じ団地の在日韓国人のキム君と仲良しで、白人黒人を生で見たことなかった田舎者的には外国人と友だちだなんてなんかウレシーと無邪気に思ってました。
その後我が家が引っ越し交流がなくなった後に差別のことを知り、今も近所だったら屈託なく付き合え続けただろうかやっぱり変に(差別の目で見ないぞ、と)意識しちゃうのでは、差別のことなんて教えられないほうがよかったよー、と当時思いました。
が、いじめられたほうはいつまでも覚えているもの、差別する側から水に流そう忘れようでは結局うまくいかないんだろうなぁ歴史・経緯はやはり知っておかないと、と今は思うのでありました。
2016/12/14(水) 15:34 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
そういえば何年か前、新年にツイッターで「あけおめことよろです!」と呟いたら投稿を拒否られ???と考えた末「あけおめ ことよろです!」でやり直したらOKだったことが、ありました(笑)
2016/12/14(水) 15:37 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
> 歴史・経緯はやはり知っておかないと、と今は思うのでありました。

んだね、征夷大将軍なんて言葉に東北差別があることとか、関東大震災で虐殺された朝鮮人を慰霊する「ほうせんか」の活動とか、最近まで知らなかった。(知ってしまったので追悼式に2回だけ参加した。)
知らなことは恥ずかしい。でも、恥ずかしいのは、知らないってことを知ったから。
知らないままなら、自分は恥ずかしくない。見てる方が恥ずかしい。
無無明 亦無無明尽・・・
2016/12/14(水) 17:12 | URL | みゅらーまん #LkZag.iM[ 編集]
No title
>知らないままなら、自分は恥ずかしくない。見てる方が恥ずかしい。

名言ですね!(*^^*)いつか子供のしつけ教育の場面で使おうっと(笑)
2016/12/15(木) 12:30 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR