「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> トランプ現象が現実に  NO.162

 アメリカ大統領にトランプが誕生したことは世界中に波紋を広げている。予想外の結果だと国際政治学者(即ちアメリカ中心の政治を考える専門家)が語れば、日米安保の重要性は新大統領も理解してくれると政治家は自らを慰めるように呟く。いやはや日本を主体的に考えたこともない輩達の気の毒なまでの混迷ぶりが露わになっている。マスコミもアメリカ社会の変化を読めず上辺だけの報道に終始した。
 今回の選挙で解ったことは次のように整理できる。共和党も民主党も主流派はエスタブリッシュメントの代理人であり、それに対する批判の声が両党の候補者選びで明らかになった。共和党は主流派を排除した形でトランプが党丸ごと取り込むことに成功した。ところが民主党はサンダースがヒラリーの主流派に合流する道を選んだことで、サンダースを支えた勢いが削がれ中にはトランプ支持に回った層もあった。女性初の大統領になるかも知れないヒラリーだがエスタブリッシュメントの権化であり付いていけないという訳だ。
 終わってみて最早何も変わらないことが徐々にはっきりしている。アメリカ政治をウオール街(エスタブリッシュメントの物理的な象徴)が仕切る構図は今まで通り、ただ金のかかる今までの世界の一極支配は手加減し内政への手立てを図る。アメリカに守って貰いたかったら相応分負担せよ、核の傘にいなくても自前で核武装しても構わないという姿勢にも通ずる。21世紀の新モンロー主義と解すれば胸に落ちる。
 今回の事件はアメリカナイズされた日本の支配層の思考の低次元ぶりを暴露したが、シンゾウなどはトランプのお墨付きを盾に核武装・軍事力強化の好機と捉えるだろう。いよいよ日本が試される番だ。
(2016.11.13)
スポンサーサイト
コメント
No title
アメリカへの盲目的忠誠心が試されるにしても
利用するつもりが利用される姑息さと愚かさが試されるにしても
危機に反応できない恒常性バイアスの強固さが試されるにしても

いずれにしても、いやな試練ですう・・ 。゚(゚´Д`゚)゚。
2016/11/13(日) 18:07 | URL | みゅらま #LkZag.iM[ 編集]
壊れたブレーキ
TPPの審議のやり方(手口)をみていたら
既にこの車はアクセルだけのブレーキが壊れた車としか言いようがない

政治はそういうものだと
環境が常に変わるのに考え方が変えれない政治家
丁度 戦争に置き換えていた
こうなることは予想しなかったと未来に答えるだろう

政治家の責任か

政治に無関心であった国民が責任であると思ってます
自らに憤りを感じる次第
2016/11/15(火) 21:54 | URL | 大豆麦 #/pHIRAno[ 編集]
No title
大豆麦さん
今読んでいる本に経線思考という言葉が出てきて、今、検索したら下に引用した例しか見つからなかったのですが、これが、先日の投稿で小沢氏が指摘してた、「ここまで、来ちゃったんだから仕方がない」思考のことで、つまりは、ブレーキの壊れた車。
バカで偉い人が
「なんだか、引っ込みつかなくなっちゃったなー」
なんてやると、とてつもない不幸が構成員に振りかかる、というのは悲しいかな、歴史の法則みたいです。

> あまり深く物事を考えずになされた日常のちょっとした判断が、実は歴史を動かしていく。そうすると人間はついつい…、それを“経線思考”なんて言っていますが、「こういう通路で来たらもうここしかない」と思ってしまう。
http://globis.jp/article/2588
2016/11/15(火) 23:01 | URL | みゅらま #LkZag.iM[ 編集]
要するに
引っ込みがつかなくなることが政治

これが政治です と進次郎は誇らしくいったらしいけど

誰かタヌキのような政治家いないかなぁ~
なんて そうとしても手の内は明かしませんよね

ただこの姿勢
正しく次のステージに向かいますね
農業改革 農協改革
ぐちゃぐちゃにして誇らしげに
これが政治ですと申すならば
農協組織は動くべきではないのかと感じている次第です
2016/11/16(水) 10:13 | URL | 大豆麦麦 #/pHIRAno[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR