「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 日本企業はブラックが主流  NO.161

 日本一の広告会社電通での過労自殺事件は衝撃を広げている。過去にも会社側は当局から過重労働の見直しを指摘され、しかもその原因がやはり過労自殺にあったというのだから札付きの犯罪会社ということになる。正真正銘のブラック企業に他ならない。電通には鬼十則というおどろおどろしい名の行動規範があり、その一説に「(仕事に)取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。」という文言がある。
 典型的な日本的精神論だが、この十則が作られたのは1951年で戦後復興が本格的に始まった時である。その一方で経済成長を促した要因に上意下達の中央集権的組織構造をあげることができる。なんて事はない両方とも戦前の軍国日本の象徴であり、敗戦という貴重な経験を経たにも関わらず後生大事に受け継いできた訳だ。何故戦後日本の平和と民主主義は底が浅いのかを考える時、その遠因に結び付く気がする。日本国憲法は会社の門までしか及ばないとは評論家佐高信の名言だが、塀の内側で維持され育まれてきたことを今回の事件は物語っている。
 自殺した女性は有名大学卒でそうしたエリートの鼻をへし折ることを最初に、電通イズムの叩き込みが始まるという。異常なやり口が報道されているが、先輩社員の靴に注がれた酒を飲まされるという話には読んでいて具合がわるくなった。
 業界一の企業の実態は社会全体に悪影響を及ぼしてきたことは明白だろう。労働行政の怠慢がここまで来たのだから、単なる取り締まるポーズに終わらせてはならない。本気に働き方改革を言うなら政府は反社会的な企業には公的機関の入札は認めないなどの措置を執るべきだ。
 塀の中の非民主主義を見逃してはならない。
(2016.11.8)
スポンサーサイト
コメント
No title
内部が帝国陸軍でも、クリエーターなんていって、オシャレで憧れの職業だったりすると、奴隷扱い受けても頑張れちゃったりするんでしょうかね。
で、いよいよ、そんな幻想に酔えない世代になってきたのかな。
覚めた目で見れる正常な人がストレスを抱え込む、とか。
2016/11/07(月) 17:38 | URL | みゅらま #LkZag.iM[ 編集]
風土
人が亡くなり われに返り
また時が経てば 狂ったかたちとなる
組織風土ですね
その中にいるのは生身の人間であるのに
風土に飲み込まれる
自分達も経験してきたのだからと

狂ってますね
2016/11/07(月) 22:29 | URL | 大豆麦 #/pHIRAno[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR