「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 国民の敵「連合」    NO.160

 先の新潟県知事選での反原発統一候補の当選は連合に大きな危機感を与えたようだ。連合が事もあろうに共産党と一線を画せと民進党に迫っていることを知った。知事選では原発推進派の自公候補を連合は推したのだから、当然の流れだろう。原発利権に関係する鉄鋼、電機、電力などの関連労組は、国民の安全よりも自分の食い扶持である会社の利益擁護の立場で動くのが彼らの労働運動だから、これ以上反原発の流れが広がるのを恐れている。そのための行動だろう。
 民進党を構うよりも自民党を支持すれば簡単なのにそうはならない。何故か、民進党を第二自民党の立場を執らせることに彼らの存在理由があるからだ。そのため会社側は常日頃、連合幹部(候補)への厚い配慮を怠らない。労使交渉の後の懇親会は銀座で開き会計は会社持ちなどという話も珍しくはない。組合費を納める労組員にとって切実な春闘ではストライキも出来ず談合で低額ベアを決め会社側を満足させる。日本中で賃上げを同時期に行なうことが今や日本の低賃金を維持する装置と化している。正規社員の下に劣悪な非正規を作り出したのも経営側と連合の合作である。要は今の連合は百害あって一利なしの存在でしかない。庶民の敵と言っても間違いではない。
 民進党に言いたいのは、連合は何の力もないので脅しに屈する必要はないということだ。参議院選挙では連合傘下の有力組合から民進党から多く立候補するが、彼らが獲得した比例票を調べるとその所属する組合員数より遥かに少ないことが判る。自分の組合員からも支持されていない連合は張り子の虎なのだから。
 最早、他党の支持票だけを頂きたいとする都合の良い民進党の考えは通じないことを知るべきだ。
(2016.10.30)
スポンサーサイト
コメント
No title
田吾作師匠は、初めてお会いしたときから、このことを主張しておられました。
「民進党を第二自民党の立場を執らせることに彼らの存在理由があるからだ」
師匠の経歴を知る人にとっては、説得力ありすぎ(笑)。

「連合」は公明党の支持団体と異なり、悪く言えば組織への忠誠心、よく言えばカルト性が少ないのでしょうね。
張り子の虎であることを証明してしまった森ゆうこさん、憎んでも余りある所でしょうが、自分達が何のために存在しているかを、今一度、考えて頂きたいものです。

2016/10/31(月) 11:32 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
No title
>自分達が何のために存在しているか

ホントっすね。労働者側に身を置いているのではなく
寧ろ会社の出世コースの早道(労組役員のあと総務畑に取り立てられていく)のためにという、最初から会社側目線の人がかなり多いのではないでしょうか。

あと一応労働者目線の人でも、正社員が負担する組合費で自分たちは活動しているから派遣社員やバイト等の待遇はどうでもいい
寧ろ正社員の賃金上げさせるためなら非正規の人たちの給料を下げさせることも厭わない、というスタンスの労組役員もいました。

自分も20代の頃に先輩から押し付けられ会社の労組委員長やったことがありますがそんなこんなで(日本の)労働組合にホトホト嫌気がさしました。

そういえば同業他社の労組との協議会で年に一度懇親兼ねた1泊旅行がありましたが、懇親の呑み会にお酌する女性コンパニオンを10人くらい呼んでいたり。
普段の仕事のほうの懇親旅行ではそんなことはなく(お互い直接注ぎ合ったほうが懇親になるでしょうし)労組のほうが旧態依然なんだなぁと馬鹿らしく、またそのコンパニオン代も含めた参加費を組合費から支払うので組合員にも申し訳なく思ったものでした。
2016/10/31(月) 13:17 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR