「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 沸騰する東京都劇場  NO.154

 小池百合子新都知事の行動から目が離せない。オリンピック費用の巨大化にもメスが入ることを期待するが、築地市場から豊洲市場への移転問題がクローズアップされている。知れば知る程、今までの杜撰な都政の内実が明確になり、怒りを飛び越して悲しくなる都民も多いのではないか。近代化され効率化された筈の維持費が何故一日当たり今の3倍になるのか、敷地が広くなったのに魚の解体スペースが窮屈になった理由は何故とか様々な疑問があるが、そもそも移転構想時に大きな問題となった豊洲の土壌汚染対策として決め手であった筈の盛り土がされていなかったことが判明し世間は唖然となった。
 真相の究明は予断を許さないが、利権につながる自民党都議はわれわれも騙されたとばかりに都庁幹部批判に回り「被害者」顔するのは愛嬌だが、これで反小池の姿勢はとれず従順になり後はこれ以上の追及がないことを祈るのみだろう。これは都議の報酬よりも低くなる知事報酬の半減を打ち出し都民の支持を取り付けた小池知事の作戦勝ちである。
 ここで忘れてはならないのは都官僚の横暴を許した歴代知事の責任である。特に石原は強面で公的な場でも罵詈雑言で真っ当なマスコミを脅して強権政治を築いてきた、舛添はけち臭い予算の横領を批判されたが石原は南洋をはじめ世界中を遊びまわって大金を浪費したことを忘れてはならない。事実を最も知る役人には甘くというのが彼の人心収攬術でもあったのだ。マスコミは沈黙し責任を放棄した。
 何れにせよ小池百合子の喧嘩上手は鮮やかで、立候補した時から計算し尽くした演技は学ぶに値する。ただ都の問題は表面化したがどういう結果になるかは主演の姿勢次第だ。
(2016.9.13)
スポンサーサイト
コメント
No title
褒めるべきは褒め、批判すべきは批判する。
過去を忘れず、拘泥もしない。
安定の田吾作節、健在なり~
2016/09/13(火) 16:14 | URL | みゅうらま #LkZag.iM[ 編集]
都知事
かつて離党したさいに党首が涙を流されたぐらいの
人材だそうですね
今後の動きに注目です
2016/09/14(水) 22:25 | URL | 大豆麦 #/pHIRAno[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR