「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 生前退位に追い込む者  NO.147

 天皇が退位したい意向であることが報道され、大きなニュースとなって駆け巡った。天皇制へのしっかりした考えを持たぬ者としては、皇太子へ譲ればいいではないかと疑問ももたず反応した。国粋的な輩が認められないという言辞を述べたことを知ると余計に退位賛成となる。ところが、平野貞夫さんの意見を拝聴すると事は単純ではないことが判り退位の是非は慎重な考えに変じた。
 問題は彼がどうして今の時期に退位を口にしたかということである。どうもマスコミは何も掘り下げがなく肝心のことがさっぱり理解できない。昔ながらの表現を用いれば、逆臣は天の真意を知らず伝えずと言ったところか。戦後の天皇家(特に現天皇)の歴史は第二次大戦への痛切な反省と犠牲者への哀悼の旅、即ち平和の希求そのものだったと言える。その姿は政治的言辞を禁じられているだけに胸中を察するに余りある。
 ところが政治家/臣シンゾウは口が裂けても戦争への反省の言葉は口にせず、事ある度に海外への戦争行為を正当化する。親の心子知らずの類を越えた乱臣ぶりで彼の登場以来天皇の心が一日として休まることはなかったと推測する。逆臣と言った所以である。特にシンゾウの祖父岸信介が大戦の指導者だった故に彼の破廉恥ぶりが許し難いのではないか。
 天皇の政治への関与を禁じながら、政治家の天皇の政治利用が目に付く。この矛盾を解消しないと「天皇制」そのものが危ういものとなる。明治以来の薩長が始めた政治の天皇引き回しに歯止めを考えることも必要だ。何れにせよ生前退位の意向は政治行為を禁じられている天皇のギリギリの政治的判断による抗議と思う。一条の人は九条を愛している。
〈2016.7.26〉
スポンサーサイト
コメント
No title
>一条の人は九条を愛している。

一条の光とはこのことですね。
生前退位の一件について、語られるべきは、
天皇の問題ではなく、NHKの問題だとおもいます。
日本の右翼は、ネトウヨの繁殖によって、絶滅してしまっていることを
本件によって思い知らされました。

それにしても、天皇の政治利用ってのは長州のDNAなのでしょうか。
2016/07/27(水) 11:23 | URL | みうらま #-[ 編集]
自分も
天皇退位について高齢だから致し方がないのかなと感じている程度でした

一条の方ゆえに発言は政治介入だと言われたときもあると先日のラジオの話題にもなってました

日本の未来を一番考えてくれている方なのかなとも感じました

私たちに一番寄り添っている方は誰なんでしょうか?
2016/07/27(水) 21:53 | URL | 大豆麦 #/pHIRAno[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR