「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> エリートがいなくなった日本  NO.140

 舛添都知事の辞任は後味の悪いものだった。与党の自公が不信任案を提出することが決め手となったようだ。辞めることは当然にしても、予定された集中審議は中止となり、知事は記者会見も行わず真相を伏せて退庁した訳だから、都民の一人として怒りは大きい。辞任の条件が問題究明につながるそれ等の場を設定しないことで、受け入れない場合は議会を解散すると開き直ったからだとの情報が出ている。この結果、銭ゲバはボーナス、退職金を規定通り受け取ることが出来た。
 今回の問題で浮き彫りになった政治資金規正法の出鱈目さが有耶無耶になったし、自公が終始参議院選への影響を恐れ抜本究明から逃げ回ったことを忘れてはならない。党の都合で政治を動かすことも多数派の特権らしい。現在の政権党を選挙で選んだのは国民だからこんな場面でもツケが回ってくる。
 ところでマスゾエ氏は東大法学部の出身という所謂我が国の最高エリートである。本人はしかも東大に残り助教授まで務めた後、政界に転身し大臣までなるという絵に描いたような出世階段を上りつめ都知事になるという華やかな経歴を誇っている。元妻も国会議員で、東大出身者でも法学部以外の者の価値は認めない鼻持ちならない人物で有名だが、似たもの同士のカップルであったことは間違いない。何故別れたかは判らない。
 近代日本を牽引してきた指導層に東大法学部出身者が多いのは事実だろう。思想やイデオロギーの違いはあってもその能力は認めざるを得ない。ところが近年では彼らがエリートでなくなり世俗的になった。要は理念よりもカネ、理想よりも現世利益を優先する輩が余りに目立つのだ。ここにも日本国の退化現象が見られる。
(2016.6.20)

 
スポンサーサイト
コメント
No title
山谷えり子参院議員の親戚が逮捕された東大生集団わいせつ逮捕事件も東大背の劣化を物語っていますね。
ドライヤーって・・・ ┐(´∇`)┌
2016/06/20(月) 14:02 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
>何故別れたかは判らない
元妻曰く、ダンナのDVだそうです(^^;)
2016/06/20(月) 18:23 | URL | anndue #-[ 編集]
りめんばー
マシゾエ騒動で忘れていけないのは
甘利
れめんばーあまり!!ねばーふぉげっとあまり!!
彼はクロです。
睡眠障害に惑わされるな!!
2016/06/27(月) 01:05 | URL | 大豆麦 #/pHIRAno[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR