「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 名より実を取る総理の品格

 みなさん、「気をつけよう、甘い言葉と民進党」であります。だまされてはいけません。

 なんとも悲しくなる、知性と品性の欠片も感じられない中傷ではある。
 これが日本の総理大臣の言葉か、と嘆く気持ちは痛いほど、わかるのだけれど。

 もしも、これがD社の長年の市場調査に基づく高度な戦略的発言だとしたら、どうだろうか。
 総理の人間性を嘆く人たちが仮に有権者の2割程度だとして、彼らが一人につきマイナス2票を持つわけではない。
 「総理が交通標語をもじったジョークを言った」と笑う人たちも、それに釣られて何となく笑ってしまう人もまた、同じ一票を持っているのだ。2割の人たちの評価がどれほど下がっても、彼らを一人でも多く取り込むことができれば、それは合理的な発言には違いない。
 そんな人達がこの国に如何ほど住んでいるのか?それについて、最も豊富なデータを持っているのがD社だ。

 岡田克也代表は目を三角にして怒るより、「気をつけよう、日本会議の改憲案」と応じればよかったと思う。
 報道が返句をどう扱うか、見てみたかった。
 もし、育ちの良さから下劣な中傷合戦に応じることに抵抗を感じたのであれば、彼に上の可能性を教えてあげたい。
スポンサーサイト
コメント
No title
田吾作師匠のご指導に従い、短くまとめてみましたです。(^_^;)
2016/06/15(水) 21:32 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
うへぇこんなこと言ってたんですか。
でも異常な舛添攻撃にソウダソウダと同調し次の都知事は橋下氏に期待する、てのが日本人の多数派なら、これが「賢い」やり方なんでしょうねぇ。
2016/06/16(木) 10:54 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR