「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<anndueの瀉> 「渡なべ浩一郎と語る会」レポート

 選挙も近づいてきたので、地元(衆院東京19区)でご活動されている生活の党と山本太郎と仲間たちの渡なべ浩一郎さん(ややこしい笑)の集会に行ってみました。

 国政での野党共闘に向け率先して範を垂れるというお考えでしょうか、地域の所謂革新系・市民活動系の方々と交流されているご様子。「市民活動と政治活動の違いは権力を持たずにやるか持ってやるか」フムフム「自分は権力のほう(政治活動)ばかりで市民活動は殆ど経験がなかったのでいま大変勉強になっている」ナルホドぉ。生活者ネットの小川ひろみ元・国立市議(生活者ネットは前回市議選で3人擁立したら票が分散し全員落選、残念でした…)も応援にお越しで渡辺さんの人柄に信頼を寄せているご様子。
 渡辺さん何度か小沢さんについても言及していたが、この人が評価するんだから小沢一郎も信頼できる人なのかも…と左派の方々の小沢アレルギー(食わず嫌い的な…)が解消していくといいなぁ。私自身が左派から小沢シンパになったクチなので尚更。

 参院選東京選挙区では生活の党は候補者立てず社民党の増山麗奈さんを応援するということで増山さんもご来場しご挨拶されていた。過去の「過激」なご活動がアンチから取り沙汰されているが跳ね返して当選してもらいたい。確かに「マジメ」な人たちには刺激・抵抗が強いかもしれないけど今回の立候補が功名心などではなく世の中を変えていきたいという気持ちは伝わるし、優等生タイプは前例のない事態が苦手だったり矢面に立ち批判されることが苦手で失敗しても誤魔化し隠そうとして取り繕いや言い逃れの嘘や責任転嫁して余計に迷惑をかけることが往々にあるので、様々なご経験をされ公の場で自分を曝してご活動されてきた方の肚の据わり方に政治家の資質アリとヲイラは期待してます。選挙の際はビラのポスティング程度はお手伝いできるかな、今度社民党に聞いてみようっと。

 後半のパネルディスカッション(と言いつつ各人のご挨拶程度でほぼ時間切れでしたが^^;)で進行役の元・民主党政策秘書の篠原さんなる方が「消費増税などの民主党政権の公約違反をよしとせず、小沢グループより先に離党し筋を通したのが渡辺さん」と仰っていた。

 今回の会合、ダブル選はなくなったが衆院19区の野党統一候補のことも見据えてのプチ狼煙的な意味合いもあったのでしょうか。ジャーナリスト・社民党の田中稔氏も増山氏も個人としては信義と友情で渡辺さんを応援しますと仰っていたが、現段階では過去の得票実績で末松氏が有力なんだろうなぁ。パネルディスカッションの登壇者も仰っていたが渡辺さんは政治家にありがちなギラギラした立ち振る舞いが全然なく、飾り気なく自然体で誠実な方と思います。派手なパフォーマンスをなさらないので渡辺フィーバー・渡辺旋風といった一気の盛り上がりはなかなか期待できず(恐縮です^^;)今後左派はじめ支持が地道に広がって状況が変わっていくことを期待。

 ホームページ(http://watanabe-koichiro.jp/)を頻繁に更新するとかメール配信などでもっとご活動状況をアピールすればいいのに…と思ったのでじゃ代わりにとご報告した次第でした。
スポンサーサイト
コメント
No title
余談ですが篠原さんという方、ネットで調べてみたところどうやら
「いますぐ読みたい 日本共産党の謎」という本の著者のようで(アノ佐藤優氏が特別寄稿しているらしい)
元共産党専従~民主党政策秘書経験アリ~別名義で軍事評論家、などなかなか興味深いご経歴。
執筆動機が「平野貞夫さんと出会って」だそうで
こんなところにも平野さんの隠然たる影響力が笑。
2016/06/08(水) 15:30 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
これまた高知ネタなんすけど、
平野先生の恩師は「右でも左でもいいから本流に居なさい」と教えたそうです。
その心は、傍流は、
>優等生タイプは前例のない事態が苦手だったり矢面に立ち批判されることが苦手で失敗しても誤魔化し隠そうとして取り繕いや言い逃れの嘘や責任転嫁
するからだって。
2016/06/08(水) 15:42 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
右も左も元々はそれぞれの価値観で世のためを思ってだと思いますが
段々そういう活動をしてる自分というのが先に来てしまって立場を守るために人を批判したり足を引っ張ったりということが多いのが浮世の常と思います。

>(政治屋さんの周囲にはこの手の人、多いんでしょうね)
自分のため(金銭欲名誉欲)でやっている人はそうなっちゃいますよね。

本流というのは組織や運動といった枠組みの中での中心的立場、ではなく
目的の大元を見失わずにいること(立場や個人的利害などに気を取られずに)
目的のためには自分の立場はこだわらないじ他の人がやれるんであればどうぞどうぞ、といった心構えなのでしょうね。

2016/06/08(水) 16:29 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
フム、フム 政治の動きが、一端でも理解できました。仕方ない「東京」は社民党でいくか。昔の自分に戻るようで、若返ればいいが・・
2016/06/10(金) 16:50 | URL | 多摩の風 #-[ 編集]
No title
>昔の自分に戻るようで

ワタシも小沢さんを「知る」前は大概社民党に入れてたので
(左の中の「間」を取って、程度の雑な選択でしたが笑)
ちょと懐かしさを感じております(^^)
2016/06/10(金) 17:00 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
anndueはヤッシーも悩ましいんじゃないの。
Y&T研究所の突然の閉鎖といい、TPP賛成の人達と一緒にやるのも、
このまま埋もれるわけにも行かない、いろいろ、苦渋の決断なんだろーね。

6人中、組織票で硬い人除くと、1枠か2枠を争うことになるんだろうから、
ヤッシー、増山麗奈、高樹沙耶とかの存在が小川敏夫を脅かしているであろうことが心配。
陸山会事件にこだわるワタシとしては、氏には消えてほしくない。
あの時、指揮権発動を野ブタに止められていなければ、ていう思い。

でもまあ、なんといっても、
現政権を止めるために、死票だけは困るので、結局、世論調査次第かなあ。
・・・てゆか、統一名簿が実現できなかった落胆から、まだ立ち直れてない。(T_T)
2016/06/11(土) 09:35 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
ヤッシーの件は第一報聞いたときはビックリしましたが
松木さんが維新に行ったときもエェと思いましたし(笑)
ヤッシーが生活や社民ましてや共産から出馬依頼されて受ける姿は余計想像できないので
自公以外でとなると案外こんな落としどころなのかもしれませんね。

ヤッシーは本人の圧倒的知名度とおおさか維新のB層への知名度(自公の対抗軸・第三極的な誤解も含め^^;)で比較的有利ではと思うので、私は先日の投稿通り増山さん応援しようかなと思ってます。ダメだったとしても少しでも得票しとかないと野党共闘の効果ナシと思われそうですし。
ヤッシーには寧ろ自公へ向かう票(固定票以外のB層等の浮動票)も是非かっさらって当選してほしいです。
そのうえであの慧眼と物腰のしなやかさなどで、党をイイ方向に感化していってほしいなぁと思います。

小川さん個人はぜひ頑張ってもらいたいですね。
ただ統一候補を決断できなかったミンシンは、人心が離れていることを選挙結果で痛感しない限り変われないのかもしれません。
岡田さん、野田氏らを放逐する理由づくりのために今回敢えて野田氏の言う通りにして負けることを考えてる?ってのは流石に深読みししすぎですね(^^;)


2016/06/13(月) 14:04 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
>深読み

先日参加したイベントで、ある代議士が言ってたけど、
民主の意思決定の度し難い優柔不断さの原因は、
トップの連中は、どんな逆風でも当選できる人達だからだって。
そんなのに付いていけるのは、二世、三世のボンボン達になっちゃうわな。

維新出戻りの、9月の党首選で、隠れ自民を排除できなければ、
平野予想が当たって、割れて自民より先に消滅するかもね~
その頃、日本は政局どころじゃなくなっていそうだけれど。
2016/06/13(月) 18:41 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
野田氏ら数名の最戦犯を残して全員離党し「新民進党」とか作ってほしいですが、党金庫の中身に未練があるんでしょうねぇ。
2016/06/14(火) 14:57 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR