「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 「日本会議の研究」を読んでビビる。

 話題の「日本会議の研究」を読んだ。
 後半部分で著者は苦心の調査の末、日本会議のラスボス「安東巌」に言及できたことを喜んでいるのだけれど、私は出だし部分の記述、あらゆる宗教団体が日本会議の理念に賛同しているという部分に正直、ビビった。
 こりゃ、強敵だわ、と。

 隠然とした支配力に対しては、組織構造や運動内容を暴きだすこと自体が有効なのは間違いなく、著者の仕事に対しては拍手を惜しまない。「安東巌」への言及がピラミッドの頂点だとすれば、最底辺を構成する集団的エネルギーの源泉は、多くの宗教が共有している敵意であり、その対象は「現代」そのもの、ではなかろうか。

 誰にでも宗教的な部分があるように、誰にでも「現代」への抵抗がある。
 とくにグローバリズムという、容赦なく慣習や伝統を破壊する合理主義の怪物が世界を跋扈しだしてからは、未来への不安や過去への郷愁を抱く人は多いはず。
 日本会議が潜在的な現代へのルサンチマンを熱源とするならば、誰もが多かれ少なかれ、日本会議と理念を共有していることになる。

 先日、平野先生は高知のシンポジウムで昭和49年の靖国神社法案の舞台裏に触れた。ずいぶん危ない話なので詳細は書かないが、靖国神社の国家管理化には戊辰戦争の戦没者を残らず祀ることを条件づけた、という。
 故郷、高知の空気が弁舌にアクセルを踏ませたのかもしれないが、今、平野先生がこれを語ることには、確かな必然性を感じる。
 昨年、「これからはもう、政治運動ではダメだ。文化運動でなければ。」と言い出して以来、国民の集団無意識が平野先生に語らせているのではないか、と思うことが頻繁にある。
 安倍政権の背後霊は、狭義の政治批判で片付く相手ではないことを洞察されているのだと推測する。

 創価学会でさえ、90年近い歴史があるのだ。150年程度の靖国神社も新興宗教ではないか。ただ、一世を風靡して多くの人がそれを信じて亡くなったため、そう考えるには辛すぎる人が大勢いるだけのこと。当時の世界情勢と国家神道とを切り離して相対化しない限り、分析は成り立っても、反省は成り立たないんだと思う。
 存在しなかった過去を自分勝手に創りあげて、古き良き時代と懐かしむのは勝手だけれど、集団的熱狂に包まれたレミングの行進のような十数年に向けて時計を巻き戻そうとするのは、アタマが狂ってる。

 明治維新にしろ、太平洋戦争にしろ、原発事故にしろ、命と言葉を蔑ろにしながら、事実と責任を曖昧にして記憶から消し去ろうとする私達の在り方が、1000兆円の借金よりも大きなツケとなって、私達や、私達の子孫に重く大きく、のしかかる。







スポンサーサイト
コメント
No title
「英霊の意思を勝手に解釈するのは、『彼ら』同様、恣意的利用ではないのか」
さすが土佐、客席から平野先生への鋭い質問でありました。

ひろめ市場で、鯖寿司を食べながら、
死者の声なんて、自分で耳を澄まして聞くよりほかは無いんだ、
と思いましたのです。
2016/06/06(月) 12:24 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
おっさっそく読まれたんですね!
折よく日刊ゲンダイDIGITALに著者インタビューが載ってました。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182670/1

>狭義の政治批判で片付く相手ではないことを洞察されているのだと推測する。

「ナチスを真似」てる自覚の上でやってる相手ですしね。
政治批判といえば、世間一般の方々(「B層」という言葉は自分何様?なので使いたくないですが、まぁそういう方々…)に対しても
情報(マスコミに出ない)の積み重ねや理詰めの正論など「左脳」に働きかける説得・啓蒙の仕方では限界があるように最近とみに感じてます…
「ハート」に訴えかけるにはどうしたら、と…
2016/06/07(火) 20:19 | URL | anndue #-[ 編集]
憲法に道徳だの愛国心だの、ハートの問題を持ち込んじゃう人達と同じ土俵に乗りたくはないけどねぇ。
時代は理解より解釈、説明より「キリッ」だかんねぇ。
理性で判断する人は「安倍疲れ」で口が重たくなっちゃうわなあ。
2016/06/07(火) 22:55 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
あっわかりにくくてすみません、道徳や愛国心方面ではなく
どれだけ飯が食えなくなるとか稼げないとかこんなところにムダ金使ってるとかの
人は理じゃなく利で動く(いつも同じ引用でお恥ずかしいです)方面でと言いますか…ハートよりも胃袋と言ったほうがイイかもですね(笑)
あとは小沢さんの「悪」イメージを逆転させられないかとか…。
(今まで悪かった分の反動で実はイイ人ブーム起こせないかなぁと)
多忙な一般の方は長い正論バナシ書いても読まないでしょうからキャッチーな提示の仕方ができないかなということなんですが
そんなことやってるといつまでも民度が上がらない、という痛し痒しでもありますね…。
2016/06/08(水) 11:29 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
つまり「B層をどうやって、騙すか」ですねw
上の土佐の人の質問に関連するけど、
騙し合い上等!ていうモードに入らざるを得ないんじゃないかな。
それしかないんだと思うわ、
ここまでメディアが劣化して思考する契機を奪われてしまってわ。
「『誰に騙されたらいいか』を自分のアタマで考えざるをえない」状況が「誰を信じればいいんですか」ていう人達の思考を促進する・・・わけないか(爆)
2016/06/08(水) 12:59 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
人聞きの悪い(笑)嘘はつかないまでもキャッチーな情報をうまく拾って共感を得やすいストーリーを作れるかとか、「コチラ側」のキャラ(筆頭が小沢さんかな)に好意を持ってもらえるか、という感じですかね。

多くの人(ワタシも)は多様な情報を判断して態度を決めてるんじゃなくて寧ろ好み・態度が先に決まっててそれに沿った情報に自然目が向いているんだと思うので。
ワタシがロシアプーチンに好意的なのは元RINGSロシアのサンボ選手の大ファンで彼らやまたドストエフスキーのような人を輩出するんだからイイ国に違いない絶対仲良くする!と決めてかかってるからで、ニュースも冷静中立には全然見てません自覚してます(笑)ウヨ諸氏は逆に中韓など「(個人的に接したことはないが)憎む(一派に与する)と決めたノダ」ってなってるんだろうなと。
まだどちらにも染まってない人たちにはこちらにシンパシーを感じてもらえるように頑張りたいです。
2016/06/08(水) 14:07 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
毎度のことではありますが、情報リテラシーの高さに感心いたします。
なるほど「だます」のではなく「自分の信じているストーリーに共感してもらう」と。
ものは言いよう・・・じゃないやw、人には誠意が大切すね。
人を自分(達)の目的に供する手段に使ってしまっては、
(政治屋さんの周囲にはこの手の人、多いんでしょうね)
理念の尊卑に関わらず、ダークサイドに落っこっちゃいますね。
2016/06/08(水) 15:45 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
「コッチの水はあーまいぞ~」と誘導するって感じですかね。
その水がホントは甘くないとかそもそも水がないとかでしたらウソになりますが
実際に水は甘い、と少なくとも私自身は信じていますんで(石原都知事が金町浄水場の水をイヤそうに飲んだのとは違い笑)それをいかに相手の気持ちに刺さるように端的に伝えるか…でそれは長文の理屈よりも心情に訴えるトピック探しかなと…なかなか難しいですけど。
あと話の中身以前に人として信用されるように話し方や文体も気を付けないとなぁとか。
無関心だった人が一旦そのゾーンに入れば後は自分から情報集め出すようになると思うんですよね~。
2016/06/08(水) 16:03 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR