「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 悲しき日本人    NO.137

 若冲展が終わったという。江戸時代の画家の作品を見ようと押し寄せた人の数が半端ではなかったようだ。5時間の待ちもあったという。小生も何年か前にNHK番組で伊藤若冲の存在を知ったが、少なくとも学校で教わったことはなかった。
 その作品の多くがアメリカ人の所有だというから驚きだ。明治時代の欧米文化礼賛は寺社が所有する多くの貴重な文物を散逸させたが、その代表が浮世絵であり今や貴重な作品の多くは欧米で所有されている。渡航出来ない日本人は作品が里帰りした時に拝観できるという惨めを囲っている。浮世絵の影響はゴッホに与えたことを授業で学んだことを思い出す。
 ところで若冲も似たようなケースを辿っている。日本人が価値を見出せず目を向けなかった若冲作品に魅せられたアメリカ人蒐集家が大量に買い集め、今ではロサンゼルスに常設館もあるという事実に衝撃を受けた。集め始めたのは、1970年代に日本人が若冲を評価した以前の1950年代だというから凄い。
 維新以後は西欧の価値観で物事の是非や善悪を判断するのが日本人の気質になってしまった。青い目のフィルターを通して初めて安心するという性根が定着した。極端なのは政治面ではアメリカへの信奉、礼賛、従属が恒常化し、今では対米批判自体を罪悪視するまでになっている。それは「アメリカ様」という言葉まで生んでいる。世界遺産に認められれば途端に観光客が押し寄せるという現象も本質は同じだ。欧米化は文明よりも文化面において深刻である。
 問題はこの風潮の根底に根強い白人コンプレックスがあり、一方でアジアやアフリカ系は見下す露骨な差別意識を内包していることだ。更なる国際化で自己欺瞞が深まるだろう。
(2016.5.29)
スポンサーサイト
コメント
No title
最近の日本スゲーの風潮は欧米崇拝の反動なのでしょうが、極端に振れやすいのは日本人の特性なんですかね、中庸でいるのはムズカシイ(^^;)
2016/05/30(月) 12:13 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
傲慢と卑屈は、表裏一体。
「傲慢と卑屈」と「豪胆と謙虚」とは、ぜんぜん違う。
現総理と平野翁ほど、違う。(^^;)
2016/05/31(火) 11:49 | URL | みうらま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR