「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> チェルノブイリの教訓   NO.129

 チェルノブイリ原発事故から30年の4月26日は各種報道が現地情報を伝えていた。それなりに事故の実相を知っていた積りだったが改めて深刻さを再認識した。立ち入り禁止区域には原発の周りを地元とする老人が多く住んでいること、それも年々死亡者が増えるため人員が減っていること、老人たちが現在でも高濃度放射能汚染の中で生活していることは、無知という言葉では理解出来るものではない。動物は成長期と違い成年期を過ぎれば汚染の体内進行が鈍化するとは言われたきたが、国家や社会の責任や存在をあてにしない彼/彼女たちの強い意志と覚悟を感じたのだ。事故直後は強制移住させられたが、放射能を運んできたと移住先の住民から邪魔者扱いさせられたという。日本でのフクシマや古くはヒロシマ差別と同じ偏見が起きていたのだ。
 報道の中で秀逸なのは東京新聞で、原発から60キロ離れた所に住む或る若い4人家族の5日間の食事調査を行ったら日本の食品基準100ベクレル/キログラムの10倍に達したという記事だった。特に主人は1615という高さであり、10歳に満たない子供の将来に責任を持てるのか心配になる。経済的理由が移住を妨げているとの説明があった。
 事故の4号炉を覆った石棺は損傷し絶えず放射能を放出しているという。新しい覆いをする計画はあるが、事故の完全終息は目途がたっていないということだ。
 ドイツではチェルノブイリ事故を契機に反原発運動が高揚しフクシマ事故が決定的となり脱原発に踏み込んだ。清く歴史に学んだドイツ国民と違って日本国民は性懲りもなく原発推進の姿勢を変えようとはしない。熊本地震で誰もが原発事故を恐れながら運転停止さえしないのだから世界中の物笑いの種だ。
(2016.4.27)
スポンサーサイト
コメント
No title
IAEAが規制委員会に安全基準を満たしていないって、13項目の勧告していたそうで。

大事故を起こした当事国が、ですよ。
大事故の反省から組織された規制委員会が、ですよ。

世界から見たら「世界中の物笑いの種」だし、
北朝鮮の核兵器以上のリスクなんじゃないでしょうか、
この人達に核を扱わせるのって。

IAEAの総合評価として、
「『民度』が安全基準を満たしてない」ってことで、
原発禁止国に指定されちゃったりして。
2016/05/02(月) 10:37 | URL | みうらま #-[ 編集]
日本の基準
ヨーロッパではチェルノブイリ事故直後は数百キロ離れたドイツでは森林の使用を規制されたとかで
日本では?
キノコで高水準の数値が出たと言っても流通していたり、
海に垂れ流しであろう汚染水はどこまで海を汚したのだろう。
いったい誰が責任をとるのだろう。
そう言えばたまたまなのか
近年、田舎で住む自分の近くでは
白血病、急死が増えている
たまたまなのか…関連性はないのだろうが気持ちが悪い。
2016/05/02(月) 19:26 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
No title
その田舎に、都市での非人間的生き方に見切りをつけ移住する矛盾。どうやら日本には安住の地はなさそうだ。
2016/05/06(金) 11:21 | URL | 多摩の風 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR