「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> クマモトは警告する  NO.127

 一昨夜来、地震の話題が日本中を駆け巡っている。熊本地震と命名されたものの果して「熊本」に限定していいものか、大分や宮崎でも余震が広がっているのを知ると懸念が沸く。最初よりも今朝の地震の方が規模も大きく死者数も多かったことが不安を助長する。解説者によると最初のが前震で今日のが本震だというが、今後更に大規模な地震が起きて「実は16日のも前震だった」なんてことは予想されないことではない。ド素人の考えを非科学的だと否定できないのは、ことほど左様に地震のメカニズムの解明はすすんでいないのだ。何せ発生1分前に緊急地震速報が出るのが「予知」であり対策など講じようがないレベルだ。
 九州の上部分には玄海、下部分には川内と二つの原発があるが幸いにも影響はないと当局は発表している。一番肝を冷やしホッとしたのは九州電力だろうが、心配の募るのは四国電力だろう。何せ大分の横は愛媛であり伊方原発があるからだ。伊方は列島を真っ二つに裂く中央構造線断層帯の上にあるとして原発反対運動の大きな根拠とされた。今までは霧島火山帯との連続線上で懸念されたのが今回の地震で、二つの線のクロス上にあり最も地震発生確率の高い原発となったのだ。それは当然ながら長年の反対運動をカネと脅しで建設を強行しようとする中国電力の上関原発計画にも影響を与えざるを得ない。
 10年周期位で繰り返す大地震の度に日本人は苦しむのが古来からの宿命だった。ところが昔と違って今は、その度に原発は大丈夫かという余計な心配事を抱えている。自然災害に加えて人工災害を抱え込んでいるのだから宿命だなどと言えない。
今回の地震は一向に反省しない日本人に脱原発の決断を迫るようだ。
(2016.4.16)
スポンサーサイト
コメント
No title
われらの事務局 大島さん(日田市)が心配ですよね。

これで川内原発が事故を起こして大騒ぎになっても、
世界は日本に、311のときほど、同情してくれるのでしょうか。

あほな民族だな、滅ぶのが世界人類のためかも

と思われても仕方がないです。(T_T)
2016/04/16(土) 22:05 | URL | みうらま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR