「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 政治に籠絡されたJAの末路  NO.125

 JA系全中出身の山田某国会議員が全農幹部に暴力を振るったとする報道が飛び交った。小生も知人からこの件で複数のメールが入ったが、その時の反応は「当然」と「やっぱり」だ。
 情況は自民党本部で開いた加工食品の原産地表示に関する会合で口論になった際の出来事らしい。加害者も被害者も共に可成りのフラストレーションが溜まっていたことを理解せねば事件は理解できないだろう。普通に考えれば子供レベルの事柄だからだ。山田某が2007年に初当選したきっかけは、長年指定席だった参議院の農業界代表枠だった議席の維持が難しくなり農水官僚からの立候補者がいなくなった時に、自ら工作して手を挙げたことにある。農業を知り尽くし農業を守るエースなどと喧伝しJA界を挙げた違反まがいの選挙戦を展開したこともあって議席を得た。誰もが羨む票も金もJA持ちという結果だからその分期待も大きかった。ところが新自由主義に染められTPP推進、従米一色の安倍内閣下で彼の公約は全く実現できなかった。
 自民党が国民を騙し復権した有名な公約の一つに「TPP参加反対」があるが、農村は山田を通じてその政策実現を託した。その積りが結果的に農業破壊の政治にJA界は代表を送り出し協力したことになり、組織内での反山田の怒りと不満は充満している。それが口論に出てきた背景であり「当然」の意味だ。
 JAや農村からの批判の目や声を一番知り尽すのも彼で、生来の強気の性格も手伝って本質を衝かれたことへの咄嗟の逆上した行動だとする見立てが「やっぱり」の理由だ。
 政治主義に戦後JAを一貫して誘導してきたのも全中であり、今回の事件を考えると自ら策に溺れた当然の結末とも言える。
(2016.3.31)
スポンサーサイト
コメント
No title

ぼぼぼ暴力はイケマセン、暴力わ。

もうちょと、大きく取り上げられてもいい事件だと思うのですけどね。
大手メディアの方々も、お腹を殴られるのが怖いのかなん。
2016/03/31(木) 10:23 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
>生来の強気の性格も手伝って...咄嗟の逆上した行動

…こういう方だと、もし政府の方針が反TPPで
「オマエ農家代表としてアメリカとの交渉がんばれ!」
と送り出してもらえたとしても
粘り強いタフな交渉は結局できなかったんだろうなぁ…
2016/03/31(木) 14:41 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR