「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 露呈したアメリカの行き詰まり  NO.119

 アメリカの大統領選が興味深い。4年に一度の本質は変わらない民主と共和両党による政権争いゲームだが今回は違った様相を呈している。その余波で民主主義のモデルと喧伝してきた日本のマスコミが動揺しているのを見るのは面白い。
 両党とも既存の主流派とは一線を画す対立候補が予想外の健闘で政党の基盤さえ揺らいでいる。女性初の大統領を目指すだけの民主党のヒラリーはサンダースに流れる若者を食い止めようと彼の「民主社会主義」的政策の取り入れに必死だ。TPP反対と明言するに至ってはオヤオヤ大丈夫かいなとつい余計な心配までしてしまう。本心から路線を変えるなら歓迎だが、運よく当選しても真剣になった国民は従来のような選挙公約の反故を許さないと思うからだ。
 共和党のトランプに至っては正気の沙汰とは思えない程のデマゴギーぶりでブームだというから笑い話では済まされない。彼に競り負けている主流派の二人は茶会やキリスト教原理主義がバックで反動的だが、トランプの主張の前には霞んでしまうから不思議だ。
 マスコミが異端候補と呼ぶサンダースとトランプの登場は、アメリカ社会の格差社会の深刻さが背景にある。両者の支持者は貧困層が多いということを各種調査が証明している。図式化すれば貧困層の単純な部分がトランプに流れ、歴史的に失業者層がムッソリーニを支持しファシズムの温床になったことに相通ずる。強い指導者を求めるのが特徴である。
 サンダースが政権をとれる程アメリカに自由や民主主義はない。最後は金融資本などの企業が動き、何等かの形でトランプ的な要素も含んだ民主共和の合従連衡が長期的には進むと予測する。ともあれ史上最悪の帝国が揺らいでいるのは間違いない。
(2016.2.29)
スポンサーサイト
コメント
No title
格差・貧困対策て、永遠に、
ファシズムかコミュニズム、あるいはその両方にしか、
行き着かないんすかね、この星では。
2016/02/29(月) 16:43 | URL | みうらま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR