「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 法治国家でなくなった日本 NO.111

 今年も終わろうとしている。改めて振り返ると戦後の歩んだ道とは異なる地点に立っていると思う。見渡す風景も従来とは違って殺伐とした眺めだ。国の基である憲法は全く変わらないのにどうしたことだ。この原因が総理シンゾウによる憲法の精神を骨抜きにした解釈改憲にあることは言うまでもない。
 従来から日米安保は存在したが自衛隊の海外派兵には歯止めが効いていた。それは護憲勢力の運動があったこともあるが、戦後の時代の殆どを治めた巨大政権与党の自民党自体に大戦への反省と平和への思いが強かったことが大きい。その自民党も小泉以降は極度に右傾化し、敗戦の歴史を認めない修正主義者が主流になった。勿論、その復古的政治姿勢はアメリカとも微妙な関係をもたらしウルトラ右翼の共和党や政権構想を大方投げ捨てブッシュもどきの恫喝戦略に舵をとる末期オバマ政権と波長が合うから目立たないだけだ。国際情勢の変化で盟主アメリカは簡単にシンゾウに路線の変更を迫るだろう。その契機は中国の出方であり、最終的に日本は東アジアでのアメリカの鉄砲玉としての役割が明確になるだけだろう。
 憲法の上に日米安保を置くことを宣言したシンゾウだが、更に日本を無法地帯化することを明確にしたのがTPP合意である。一旦通れば経済的に痛めつけられるだけでなく国内社会はガタガタになることが目に見えている。予定された利益が上がらないのは日本の制度のためだとしアメリカの大企業に訴えられ、国が補償金を支払う破目になるだろう。主権がなくて法が機能しない社会が近づいている。
 安保法制の論議の中で重要な点で、内閣が解釈判断するという部分があった。アベの「人治」政治であり中国を笑う資格はない。
〈2015.12.28〉
スポンサーサイト
コメント
No title
シンゾウが憲法の上に日米安保を置くように、
軍需産業の人々は、人命の上にマネーを置きます。
そういう人達が下にシンゾウを置いているのですから、
彼らを右翼と呼ぶのは、右翼の方々も心外だと思うんですけど、
あまり、そーゆー声、聞こえてきませんね。
鈴木邦男氏は一水会を辞めて、その一水会も右翼を辞めました。
2015/12/30(水) 10:43 | URL | みうらま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR