「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 欧米的価値観の帰結  NO.108

 パリで13日に起きたISによる爆破事件は世界中を震撼させた。オランド大統領は直ちに「聖戦主義者とのテロと戦争している」と強調し、アメリカをはじめとした有志国連合だけでなくドイツやイギリスへの加勢を求めロシアとの連携を強化している。冷静に考えるとシリアやイラクへ空爆しているのだから、今更、ISと戦争状態に在りなどと言うのもおかしな話だ。一般市民が多数犠牲になったのは卑怯だし悲惨な出来事だが、戦争状態なら当然のこととして理解せねばならないだろう。中東では日常的に起きていることだ。反撃するにも飛行機を持たないISが内通者を使って破壊工作を行うことは予想されたことで、今になって大騒ぎするのは介入時の心構えが甘かったとしか言えない。
 欧州の社会党は戦争好きだと歴史的に有名だが、オランドの高揚した演説を聞き再確認した。そもそも論になると白人国家の帝国主義的侵略政策が今日のISに至る中東諸国の混乱の遠因があることは間違いないが、オランドの狂信的なやり方を見ると鬱積した拭えぬ歴史的罪悪感を一時的に解き放つうっぷん晴らしに思える。だがこの戦争は終わりの見通しが立たない。イスラム国という国境を越えたアメーバのような対象には従来のような国家という概念では対処できないからだ。爆撃を強化すればするほどISの勢力は拡散し捉えどころがなくなる。
 更に西欧とイスラムの非対称性は戦争の形態だけにとどまらず政治システム・宗教・価値観など多くの面で顕著である。西欧は長い間非西欧諸国民を見下す尊大な姿勢をとってきたが、そのツケがブーメランのように西欧に跳ね返っている。その象徴が民族大移動のような百万単位にのぼる難民の存在である。

 (2015.11.29)
スポンサーサイト
コメント
No title
先日ツイッターで
「テロ犯人がパリに潜伏してるなら、パリを空爆すればいいじゃん。いつもならそうするじゃん。」
という呟きを見ました。成程ぉと思いました。
2015/11/30(月) 11:52 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
> 「テロ犯人がパリに潜伏してるなら、パリを空爆すればいいじゃん。いつもならそうするじゃん。」

おもれー。
「非対称性」て、よっぽど注意しないと見過ごしちゃう。
その力は日常が睡眠中の夢を忘れさせちゃうのと同じくらい強力だと思う。
だから、
パリの犠牲者の冥福を心から祈りながら、
「おめーら、やられて当然なことしてきたよな」
と思う気持ちにフタをせず、なおかつ、
「日本も、いろんな形で名誉白人の名に恥じない『国際貢献』してきているけどさ」
という部分も直視しつつ、
「世界の前に今ぞ立」っていたいんだけどなあ。
2015/12/01(火) 10:27 | URL | みうらま #-[ 編集]
空爆
空爆で下敷きになった子供の写真をみたら空爆で無差別に殺人が行われていることを知ります…
2015/12/08(火) 14:55 | URL | 大豆麦 #/pHIRAno[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR