「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> トオルとシンゾウ   NO.104

 大阪の橋下徹の傍若無人ぶりが目立つ。自らの墓穴を掘る形で維新の党の解体が進んでいるが、政党交付金の争奪を巡って維新にAやBが生まれ余程の通でなければ理解できない混乱状況だ。小生もよく判らんが、混乱の張本人がトオルにあることだけはよく解る。経過を知っている知人は、府民による投票で大阪都構想が否決された後にトオルは政界を引退すると明言したのに信用のおけない男だ、と言う。現代の三百代言トオルは訴訟合戦に持ち込みいよいよ泥試合の様相を呈している。
 振り返れば日本はこの数年間彼に振り回されてきた。世間の耳目を引き付けることに長けたやり方で絶えず自らを渦中に置き、さも天下を動かす能力があるかのような錯覚を国民に与え票をかすめ取ってきた。時に過激な言い回しや一方的に政敵に放つレッテル貼りで「改革者」のような幻想を与えてきたのだから大した役者だ。だがトオルが安倍自民党の別働隊であることはとっくに明らかになっていた。大阪都構想選挙で府自民党は維新と闘っているのにシンゾウはトオルと通じていたのだから人を食った話だ。しかも堂々とトオルはシンゾウの進める安保法制に始まる一連の反動政策を支持すると公言し、自ら投げ出して脱党した維新の党が反安倍の姿勢を鮮明にすると分裂攻撃を仕掛けたのだ。
 迫る大阪の府知事・市長のダブル選挙では、自民党候補と対決するというのだから支離滅裂だし、前回と同じく安倍は自民候補支援に動かずトオルへの心情的支援を続けるだろう。
 かって大阪は革新府知事が生まれたり、庶民派の漫才師がプロ政治家を負かして知事になったり、政治の流れでは全国をリードした時代があった。今の状況も時代の先取りだろうか。
(2015.10.31)
スポンサーサイト
コメント
No title
本件は、産経のトオル・ファンクラブみたいな記事とは別に、メディア全体があえて、わかりやすく伝えないようにしている所に特徴がある気がします。
シンゾウさんの眷属トオルさんの勝負は司法なんかになくて、
実は「国民が野党のごちゃごちゃに嫌気がさした」状態を作り出すことなんじゃないか、と。
「いつまで、この醜いゴタゴタが続くのでしょう┐(´∇`)┌」て、まとめられるニュースを度々、見かけます。
トオルさんとメディアとの協働作業は成功しつつあるように見えます。
2015/10/31(土) 19:21 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
>「国民が野党のごちゃごちゃに嫌気がさした」状態を作り出すことなんじゃないか

松野維新は無茶苦茶な喧嘩吹っ掛けられて
でも世間からは「どっちもどっち」「喧嘩両成敗」と見られたらタマラナイですね。
トオル君の目論見なんだと思います。
2015/11/02(月) 11:14 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR