「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<anndueの瀉>ハロウィンやーよ

 幼稚園児のウチの子供のママ友有志(うちのカミさん含む)が、手作りでハロウィン練り歩きイベントをするのだそうだ。

 自発的な創意工夫の精神は大変よいことだと思うので、ドウゾドウゾ頑張って~子供たちが喜ぶとイイネ~(*^^*)と思う次第ですが、ハロウィン自体は…ワタクシ正直なところ好きじゃありません。

 それにしてもここ数年の急激なハロウィン流行り(渋谷の街中とか特に)は何なのでしょうか。なんか気味悪いです。
 クリスマスやバレンタインのように商業目的での仕掛けとは言われながらも、あの扮装とトリックオアトリートなどというカツアゲ言葉(殴られたくなきゃ財布出せ、と一緒)を聞くにつけ、悪魔への親近感やジャイアン的西洋価値観を刷り込んで(特に幼い子供)、日本を内面から(更に)堕落させようという、3S(Screen、Sport、Sex)政策的な裏テーマがあるんじゃないか?と勘繰ってしまう。考えすぎ?(^^;)

 わざわざケルトのドルイド教とやらのお祭りを極東日本でやっちゃうくらいイベント好きなら、ハロウィンとクリスマスのちょうど真ん中辺の11月23日の新嘗祭なんかももっと流行らせたらどうでしょうか。
 ハロウィンを逆手にとって、子供が町内を練り歩きお年寄りの肩たたきなど簡単なお手伝いをして、お礼に一握りの新米(手間かけられる人は、新米のおにぎりでも)を頂く、とか。脅しによって物をせしめるのではなく、他者への親切・貢献とそのお礼というかたち。
 これはこれで子供に労役を刷り込むみたいでイヤ、であれば、親子で練り歩いて親がお手伝いをして、そのお返しを子供が受け取るのでもアリかなと(こちらのほうが、1対1のやりとりで完結せずに世代を超えて互酬が連鎖・循環していくようなイメージでイイかも)。
 お米・おにぎりなら、お菓子よりも体にイイし、土用の丑の日にウナギを食べるとかよりも安価ですし。

 保守を自任する方々には、ご賛同いただけるんではないでしょうか。「日本会議」などの組織力で、ぜひお願いします!って冗談ですスミマセン。
 但し、新嘗祭が宮中祭祀だからといって(明治以降に作られた)国家神道万歳!ではなく、もっと古くからの稲作に根ざした儀礼・伝統というところに重点を起きたいですし、もっと言うと稲作は弥生というイメージですが更に縄文にまで遡って共生と循環の思想を敷衍できないか…。
 また農耕つながりで、安藤昌益や二宮尊徳の教えにスポットを当てることによって(クリスマスのサンタさんのようにシンボルキャラクター化する?笑)、西洋の独善的な価値観、新自由主義・グローバル主義・金融資本主義に「何かおかしいな」と思えるような人心を涵養できないか…。

・・・などと、妄想する次第です(^^;)おしまい
スポンサーサイト
コメント
No title
みんなで一体となれるイベントに飢えてはいるんじゃないかな。
それをネイティブな行事で充足させられる程度には、国なり、国家神道への親近感が足りてない、てことだと思う。
もちろん、足りてないには理由があるわけで、それは国民の尻を叩くことで涵養できるもんでなし、早い話が、新嘗祭よりアース・デイの方が乗っかりやすいし、楽しそうだ、と自分も思う。(^○^)
2015/10/30(金) 14:24 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
No title
新嘗祭とかだとおカネになりそうなキャッチーさポップさがなくブーム仕掛け人的な業界にとってはイマイチそそられないんでしょうねえ…(^^;)
新嘗祭がダメなら日本全体でナマハゲの日、とかでもイイ(「涵養」はさておき、ハロウィンやるくらいなら、という意味で)んですけど(笑)渋谷の交差点に溢れるナマハゲ、山手線のドアが開いて出てくる大勢のナマハゲ、近所を練り歩く親子ナマハゲ…外国人観光客にもウケると思うなぁ(笑)
去年男鹿のなまはげ館で実演見ましたが、ユーモアもあって凄く面白かったです子供ともどもハマりました(笑)
2015/10/30(金) 15:02 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
ナマハゲ、いいなあ、すごく、いいわぁ。

今、国も自分も、お祭りを強く求めているってのは、ヒシヒシ感じる。
でも、国家神道のイカメシイ、威圧的な感じじゃ、ダメなんだよねぇ、現代の祝祭的空間として。

もうすぐ、御札が降って来て、ええじゃないか、でも始まらないかしらん。
2015/10/31(土) 13:09 | URL | みうらま #-[ 編集]
No title
日本に保守っているのかな?「日本会議」ってスポンサーは星条旗でしょ。彼らに日本の文化を守ろうという気はないし、日本文化も感じていないのでは。そう言えば日本の文化や伝統を考える場合に「稲」や「こめ」にまつわる事柄は多いが、TPPで屈辱的な内容でアメリカに譲歩した安倍晋三に何の異議も唱えないのだから。反知性主義に愛国は似合わない。
2015/10/31(土) 15:43 | URL | 多摩の風 #-[ 編集]
No title
みうらさん

ナマハゲは大晦日なので、日本全国ナマハゲで年越し!
…だとハードル高そうなのが惜しいです(^^;)
ウィキによると本来は小正月だったそうなので、成人の日にやったらイイカモ

私も国家神道的な上意下達的な押し付けは抵抗ありますです。
前にネットで、キリスト教は一神教で偶像崇拝禁止といいつつ布教に際しては各土地の土着信仰の祭祀をうまく乗っ取って(イースターもクリスマスも)定着したという話を読み、今度は乗っ取ったハロウィンを日本へ輸出するのか~などと思ってしまったことと(笑)
またネットの別のブログだったかで、今の暦(グレゴリオ暦)は本来の自然の運行の周期と意図的にずらされていて、人間が自然と密接に繋がる感覚(直観力や霊感的なもの)を麻痺させられているんだ、というオカルト寄り?な話を読んだことがあったので
日本の土着的なもの、自然や四季の移り変わり…ということで、田植えや収穫や節分やらを最近ちょっと意識したくなってきた次第です。

>ええじゃないか、でも始まらないかしらん。

今日配信されてきた兵頭正俊氏のメルマガのタイトルが奇遇にも
【「ええじゃないか」状況】 でした。
「何とも終末的で不気味なものが流行りだしたものだ。日本のハロウィンは『からっぽの無神教』に特徴があり、被曝疾患の爆発的露出と重なっている。鬱屈と抑圧とが、もう何でも『ええじゃないか』というはけ口を、ハロウィンに求めたものであろう。」
だそうです。

ヤッシーじゃないですが「ええじゃないか」が今日本人の中で
無意識に通奏低音になってきてるんですかねぇ。


多摩の風さん

私も日本会議などはホントの保守ではないと感じています。
表向き皇室を持ち上げつつ内心は舌を出し、自分たちの目的遂行にとって都合のよい「虎の威」くらいにしか思っていないんでしょう。
(八木秀次なる憲法学者が天皇・皇后に、安倍内閣の批判をするなと文句をつけた文章など見るにつけ)

まぁ表向きは皇室万歳なので、新嘗祭を盛り上げましょうと言われれば、まさか反対なんてできませんよね?というイヤミ半分で書いてしまいました(笑)
2015/11/02(月) 12:48 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR