「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> TPP推進の売国総理   NO.101

 合意したというTPP協定の中身を検討してみた。全体の印象を一言で表すと日本という国が主権を奪われたということだ。日本国内の決まりよりもTPP協定が優先することで、日本人としての誇りがズタズタにされようとしているのだ。
 総理シンゾウは交渉参加にあたっての農産物5品目の関税維持という国会決議を米豪に無関税のコメの特別枠を認めるなど踏みにじりながら、「国民との約束は守れた」と強弁した。関税率90.7%の筈が約95%に跳ね上がり農業はますます「産業」から外れて行くことは間違いない。
 TPP問題を巡る悲喜劇は続く。国内農業放棄宣言に等しいシンゾウが農協全国大会に出席し国内対策を重視すると挨拶したらしい。世間の常識では呼ぶ方も呼ばれる方も理解しがたい行為だが、田舎芝居に付き合っては本質を見失う。何故なら農業に焦点化されたTPPだが社会保障、環境、食の安全など国民全体の生活に大きな影響を与えるからだ。
 合意メモには、いたるところに「日本政府は留保している」と記されていて、あたかも我が国の既得権が守られているかのような印象を振り撒いているが、ISD条項でメジャー企業が申し立てれば制度の変更を迫られ何の防止にならないことを国民には連想させない。更に一旦合意した中身は将来不都合が生じても変更できないというラチェット条項なるものも存在する。
 最高の自由貿易協定をうたうTPPだが直接貿易に関する事柄は少なく、多くは制度やルール変更を迫るもので国民にとって自由はもとより基本的人権さえないがしろにされるとんでもない代物である。愛国者を自称するシンゾウが国を巨大企業に売り渡そうとする今回の決断こそ売国と言わずして何と言うのか。
(2015.10.16)
スポンサーサイト
コメント
No title
平野さん論説の
「合意には大筋も小筋もない。合意していないのに合意した恰好をせざるを得ない「米国」と「日本」のために、日本のマスコミと談合した報道である」
「米国議会でTPPが承認される見通しは真っ暗なのである」
という展開に、期待したいです。

【「日本一新運動」の原点-287:第3次安倍改造内閣が直面する2つの『大凶』!】
http://nipponissin1.blog136.fc2.com/blog-entry-435.html
2015/10/16(金) 20:17 | URL | anndue #-[ 編集]
とんだ茶番だ。しかしそれに振り回される国民は悲劇としか言いようがない。

農協グループの上層部はもう保障金のことしか頭にないみたいなスタンスみえみえの行動。
国民の生命は国際企業に売り渡された…としかみえない。

そもそもTPPってなんぞや?
農業の問題で農産物が安く輸入されて消費者ハッピーの条約?
いえいえ。それはマスコミが言ってる嘘八百屋町。
農業、医療、教育と言ったすべての国民主権にかかる問題ですよ~。
それに楯突いて行動するならばアメリカにある国際裁判所で裁かれて多額な賠償せにゃならんのです。既にいっぱい裁判になって国際企業が勝訴してます。

今、TPP差止め違憲訴訟の原告集めてます。この際、改めてTPP勉強する意味でも原告になりませんか? いやいやなりましょう♪
先日、上部団体に取りまとめ状況はどんなですか?とメールしました…
2015/10/17(土) 07:12 | URL | 大豆麦 #/pHIRAno[ 編集]
No title
TPP交渉差止・違憲訴訟の会 第一回公判がありましたね。
ぜーんぜん、報じられなかったけど。
山本太郎、いいパフォーマンスしたのかな。

ラチェット条項もそうですが、私はずーっと、
「脱退の手順」に関して、あまり報じられないのが、不安です。

そいえば、山田正彦元農相も、「ありゃ、実際は協議決裂だ」ていうてはりましたわ。
2015/10/19(月) 14:05 | URL | みうらま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR