「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 逆臣の系譜    NO.93

 戦後70年の安倍談話は世間的には注目されたが事前のシンゾウの動揺を知れば予想される内容だった。過去の歴史の事実を取り上げそれに対する戦後の歴代内閣の談話を取り出し、侵略や植民地支配に反省しているようなポーズをとっている。借り物だから幾らでも心にも無い言葉は羅列できる。飽く迄もシンゾウ個人とは無縁の文章だから聞く者の心を打つことはない。今となれば何のために出したのだとの疑念さえ沸く。
 だらだらと意味の無い言葉を続けることで長文化し体裁だけを整えているが、油断は出来ない。戦後の平和主義を否定する審議中の安保法制の根本である「積極的平和主義」を談話の結びに掲げ「これまで以上に(世界平和と繁栄に)貢献」すると盛り込んでいるからだ。かくして前文に言う「力の行使で国の針路を誤った」とか「歴代内閣の立場は揺るぎない」という内容を否定し反省もお詫びもチャラにしている。
 第二次安倍内閣の政治の危険性が単に中韓だけでなく欧米に於いて広がり、国内でも余りの独裁的なやり方に民主主義と平和が脅かされるとの危機意識がやっと拡がってきた。それは各種世論調査が裏付けていて低下する内閣支持率に恐怖するシンゾウが、毒も食わらばの心境で批判的意見を丸呑みし煙に巻こうとしたのが今回の談話劇の背景だ。
 翌15日の全国戦没者追悼式で天皇は「反省」の言葉を述べたが、内外とも好意的に受け取られている。シンゾウとの違いは心底思っているかの違いによるものだ。シンゾウの尊敬する岸信介が石橋内閣の閣僚名簿に載っているのを見つけた昭和天皇が「これ大丈夫か」と発言したことは有名なエピソードだが、今の天皇もシンゾウには「大丈夫か」という心境だろう。
(2015.8.17)
スポンサーサイト
コメント
No title
「積極的平和主義」を「錦の御旗」にして・・・
長州のDNAなのかしらん。
天皇に維新150周年談話を期待しちゃったりして。
2015/08/17(月) 17:00 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
憲法99条
天皇陛下が
戦争に対するな発言をするとマスコミが
政治介入だとバッシング
憲法を遵守しているだけなのに。
2015/08/21(金) 06:50 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR