「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 風化するヒロシマ    NO.91

 被曝70周年、ヒロシマの平和式典が開かれた。現役時代は毎年8月6日の式典に参加し、前日は被曝体験者を迎えた学習会を開き、翌日は祝島に移動して現地の上関原発反対の皆さんと交流した。引退後はこのサイクルが崩れテレビの前で黙祷を捧げるだけになった。風の便りだと祝島への激励交流は途絶えているという。文字通り3・11を経験した今こそ反原発行動が必要なのに、運動の風化の速度は速い。原発と核兵器は別物だとするアメリカの戦略にのせられた誤りを覚醒させたフクシマだったのに、いつのまに以前に戻ったようだ。だからアメリカも式典に参加するようになったし、問題を見失った考えが安保法制に触れない平和宣言にも反映している。秋葉市長当時のフクシマを教訓化した宣言とは雲泥の差がある。逆に現実と本質に触れない抽象的な平和や戦争反対の言葉が無力に響く。アメリカ代表や総理シンゾウの映像を見るとセレモニーが喜劇じみて見えたのは小生だけだろうか。
 総評末期の富塚事務局長当時、大規模な反核行動を呼びかけたことがあった。全国から大挙して広島に集まり気勢をあげたものだが、会場の横にあった東洋一という規模の団地を見上げて団地住民の決起集会を開いた方が人数も多いのにと思った。参加者は出身地で最大規模の集会を行うことで全国行動としては盛り上がるのではと感じたのだ。広島に代表団を送って終りでなくヒロシマやナガサキを共有するには日常生活の場での行動こそが重要だとの意を強くした。何とか実現に向け考えていきたい。
 個人的にはヒロシマの赤い夾竹桃の花は忘れられないが今年も咲き誇っているだろう。人と違い樹木は風化して生きるなど器用なことなど出来はしない。
                         (2015.8.7)
スポンサーサイト
コメント
No title
田吾作師匠の風化しない強い意思、尊敬いたしますです。
2015/08/07(金) 17:40 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
風化はさせない
前日の8月5日に恒例となっている
労組の平和学習に参加させていただいた

講師の方は著名なかたで話の内容もすごい考えさせられる内容でしたが
運営側の態度に呆れてました
正しく惰性で平和を唱えている感を得たからです。
とても憤りを感じたし、がっかりしました…

いくら素晴らしい方針を唱えても絵にかいた餅ではつまらない。
本当に行動が必要ようです。特にたたかれたら痛いという意思表示とか…

その日の新聞にて上関の対立候補が擁立できないという記事を読んでいて
ついにここまできたのかと感じました。
上関ではスラップ裁判がおこされたりして
以前と中でのゴタゴタが絶えない状態とかで

原発と核は同じニュークリアでパワーかウエポンか…
同じ技術のもとでつくられ
われわれの今までの生活してきた歴史とか差別や偏見で破壊してます。
だから反対しないといけない!!

かといって
学習会のあとに原爆慰霊碑におまいりにと向かっている際、あるデモ行動をみかけた。

安保法案に賛成といった
反対者を煽るデモだった。
普段は声をあげることに賛成だが
ハチロクはそんな両者のイデオロギーを廃して
大切な人たちを失った沈黙の祷りの日として欲しい。

それが広島です…
そして長崎、福島と繋がった歴史認識をしっかりと持ち、そこでたくさんの人が無くなっただけでない事実を知って欲しい。

一度は広島へお越しください。そして見て聞いて確かめてください。
自分も上関にいかないといけない…
2015/08/08(土) 02:34 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR