「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<特別寄稿> 集団的自衛権の議論は国民投票で結着を

集団的自衛権の議論は国民投票で結着を
                                   黒猫

 国会審議では安保法制の違憲性が焦点になっています。憲法学界では違憲とする意見が圧倒的で、野党はこれを追い風に政府を追及しています。

 しかし、私は、現在の安保法制の問題、つまり集団的自衛権の行使を認めるかどうかは、国民が直接判断するべき事柄だと思います。一内閣や国会議員だけで決める問題ではないと思うのです。

 憲法9条について、政府は「集団的自衛権は行使できない」と解釈してきました。現在の日本が拠って立つ平和主義は、この政府解釈に基づいています。これを「集団的自衛権を行使できる」とすることは、平和主義の内容を変更するものです。そして、平和主義の内容を変更するということは、私たち国民や国土の安全に大きな影響を与えます。政府は、安保法制は戦争を抑止すると言っています。確かにそういう一面はあるかもしれません。
しかし、集団的自衛権を行使するとなれば、状況によっては、日本が武力を行使し、あるいは武力攻撃を受ける可能性が高まります。

 集団的自衛権の問題は、私たちの命に関わる事柄であり、また憲法の平和主義の根幹に関わる事柄でもあります。ですから、国民がみんなで考えて結論を出すべきです。自公と他の野党は、集団的自衛権や安保法制の賛否で対立していますが、憲法改正の国民投票は避けたいという点では共通しているように思います。双方とも国民投票で敗れることを恐れているのでしょう。特に野党にとっては、目先の国会審議を考えれば、安保法制の違憲性を声高に主張することが大切かもしれません。しかし、集団的自衛権の問題は、そもそも誰が結論を出すべき問題なのか、よく考えてもらいたい。憲法改正の国民投票によって国民の判断を仰ぐことを主張する政党が出てくることを望みます。
スポンサーサイト
コメント
No title
ご寄稿ありがとうございました!
3分の2超の議席数とはいえ有権者の2割程度の得票と思うと
重大政策だけでも直接民主制的にできないかと私も思いますが
マスコミがアメとムチで統制された現状では多くの国民に充分な判断材料が提供されていないことと
投開票が適正に行われるのか疑ってかかっているので
現状ではワタシは慎重派だったりします(^^;)

2015/07/29(水) 19:00 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
現政権に異を唱える人たちのなかで、
国民投票派と護憲派という論理レベルの異なる対立が起こらないことに感謝しています。
311を経て民度が上がったのか、
アベ政権の脅威が大きすぎて分裂している場合じゃないのか。
2015/07/31(金) 09:42 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR