「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 日田行で学んだこと   NO.87

 日田での研修は天候は良くなかったが、小生にとっては久しぶりの長期間しかも遠出とあって楽しかった。咸宜園の歴史に果たした役割の大きさに改めて感じ入った。たかだか数年の松下村塾が実態以上に評価されるのはたまたま塾出身者が維新政府の中枢に多くいたからで、即席の志士たちはきちんとした戦略や史観があった訳ではない。それに比べ広瀬淡窓によって19世紀初めに創られた日田の私塾は、全国から延べ5000人の門下生が集まり彼らは中央地方を問わず近代日本の礎となった。授業のやり方や内容など興味ある話が続いた。
 山の中の盆地は天領の地でもあり九州の政治の要路でもあった。川をめぐらした商品流通が発達し商人が力を持っていたが、学問や文化を大事にしてそれに投資したことが田舎でありながら格式の高い街をつくったのだと納得した。目を転じると日田のようなところは全国的には少ない訳ではない。広島の尾道、長野の飯山など魅力的なところは、歴史と現代を融合させたところであり、上品な佇まいが共通している。
 高度成長は日本国土を中央が仕切って改造するというもので、それは必然的に東京重視の考えで地方を睥睨したものでしかなかった。背景には経済最重視の考えがありカネ儲けこそが目的・生き甲斐といった思想を国民の中に醸成していった。元来、どの宗教もカネは下賤なものという考えがあった。それは人を豊かにする道具に過ぎないカネによって人生が左右される過ちを見抜いたからである。
 バブル時代に荒稼ぎした投資家が「金儲けが悪いの?」などと開き直ることも起きた。日田の商人が港・運河などの公共事業さえ自らの資金を投じたのとは大違いだ。高度資本主義の堕落を再確認した。
(2015.7.21)
スポンサーサイト
コメント
No title
あんとき、
「金儲けが悪いの?」
て言われて、反論できない国になってしまったのが悔しかったです。
平和な社会の豊かな心は、善・悪の上位に、粋・野暮が置かれるのだあ、
と断言したいです。v-254
2015/07/21(火) 18:36 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
カネ儲け
兜町の博打は×

労働の対価として獲得
こつこつ働いてこつこつためて使う◎

一体なんで貧富の格差が生じるようになったのでしょうか
最近の新幹線の事件をどのようにみればええんでしょうか

2015/07/22(水) 06:31 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
No title
>「金儲けが悪いの?」
矢島さんの特別寄稿、奇遇にもタイムリーなお話です(^^)
2015/07/22(水) 12:47 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR