「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<特別寄稿> 平和で安全な世界を構築するために

平和で安全な世界を構築するために
桂 秀光

軍需産業、武器商人業界で大もうけされている以外の方々は、
他の細かい政策は、ともかく、日本、そして、世界で、戦争や紛争が次々と勃発し、
戦死者の方々が、毎日、何十人、何百人、何千人と出ることを、
本気で望んでいないと思います。では、どうしたら、平和な世の中を構築できるのでしょうか???

現在の国際的な国境の概念は、
1648年に締結された、ヴェストファーレン条約(Peace of Westphalia)が基になっています。
この条約による体制を、ウェストファリア体制(Westphalian sovereignty)といい、
非常に簡単に説明すると、国境は、たった一本の線でなければならないという考え方です。
従って、1648年以降、今日まで、約400年弱の間、この体制のおかげに、多くの戦争、紛争が世界各地で勃発し、多くの戦死者が生まれ、軍需産業、
武器商人業界が大もうけできるようになったのです。

ですから、日本、そして、世界で、永久平和を実現させたいと本気で思われる方々は、
ウェストファリア体制(Westphalian sovereignty)を終わらせるために、
努力すればよろしいのではないかと思います。

あいまいな国境の実現です。
北方領土も、竹島も、尖閣列島も、そして、樺太も、あいまいな、
複数の国の共同地域として、運営していくことに合意できれば、
1648年以降で、初めて、南極地域以外で、共同地域という新たな概念で、
平和な社会を運営できることになります。

この新たな体制を永久世界平和の模範として世界中で使ってもらい、
世界平和に貢献するというのが、
これからの日本のあるべき姿だと考えます。

もちろん、ウェストファリア体制で、
ボロもうけされている方々、そして、安倍晋三首相と彼を支える仲間達のように、
これから軍需産業や武器商人としてがっぽりもうけようとしている方々も、
がたくさんおりますので、実現は容易ではないかもしれませんが?!

具体的には、とりあえず、日本の現在の防衛費の半分位を、
日本政府が招聘する国費留学生をのため。および、
日本が領土問題を抱えている地域に日本の国立大学を建設し運営するために
使ったらどうかと考えます。

そして、北朝鮮や中国を含む日本の近隣諸国、そして、全世界から、
大量の留学生を受け入れ、彼らに博士の学位を取ってもらって、
帰国して頂き、「日本は私たちに博士の学位を取らせてくれた素晴らしい国だ。
こういう、日本を攻撃してはいけない。」という意識を、
日本国外のこれからそれぞれの国の指導者になろうとする方々に
植え付けるのです。

このような地味な努力によって、
10年後、20年後、30年後、そして、100年後、
日本を攻撃するような意識を持つ日本国外の指導者がいなくなるように
し向けることが、日本の平和と安全を将来にわたって
守っていくことではないかと考えます。

日本の国立大学大学院博士課程後期に
国費留学生を3年間一人呼ぶ経費は、
600万円弱、
一方、ミサイルの価格は、一発、数千万円から数億円、
大砲一発は、数十万円から数百万円、
機関銃の弾一発は数百円から数千円といわれています。

また、市街戦を8時間行う経費は、片側だけで、
数千万円から数億円かかるとも言われております。

そして、いくら武器や弾薬を使って敵を倒しても、
憎しみの連鎖で、いつまでも紛争が続いてしまうことは、
北米の某超大国がここ数十年にわたって行ってきたことを
見ればわかります。

世界平和を実現するためには、
いくら儲かるからと言って、
軍需産業や武器商人が潤う政策を実行するのではなく、
極端な富の偏在をなくし、
きちんとした判断力を持てる人間の養成を
国際的に行うことです。

それをしない限り、いつまでも紛争、戦争は続き、
武器商人と軍需産業だけが儲かる
世の中が続きます。

良識のある政治家の皆様には、
些細な思想信条にとらわれることなく、
御自身の利権ばかりを考えず、、
行動されることを期待致します。

マレーシア政府招聘・クアラルンプール大学工学部駐在外国人講師
インド共和国タミルナードゥ州・コーヤンブットゥー工科大学客員講師
博士(農学)・東京農工大学
桂 秀光
( かつら ひでみつ )
http://www.katsura.dk
スポンサーサイト
コメント
No title
>北方領土も、竹島も、尖閣列島も、そして、樺太も、あいまいな、
>複数の国の共同地域として、運営していくことに合意できれば、

全く同感です!そうやって交わる場が増えれば
相手の悪口も面と向かっては言いにくくなるでしょうし。
あぁお隣さんなんだなぁとなることを、期待しますし、信じたいです。

>帰国して頂き、「日本は私たちに博士の学位を取らせてくれた素晴らしい国だ。
>こういう、日本を攻撃してはいけない。」という意識を、

私も、コンビニなどで中国や韓国の方と思しき店員さんを見ますと
向こうからわざわざ日本に来てくれてありがたいな~
ヨシぜひとも親日感情を持って帰っていただきたい!と
超にこやかに接してしまいます。北風と太陽の「太陽作戦」と呼んでます(笑)

2015/07/08(水) 12:52 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
「国境なんて無いと思えば無いんだっ」なんて力んじゃうのも、
「国境は、たった一本の線でなければならない」に縛られた発想ですね。
「兄弟やお隣さんと同じで、近くにいればケンカもするさ」というのを前提にして、緩衝地帯を設ける。
そこは陣取り合戦が先鋭化しがちなので、
学校を作って留学してもらう。
うーん、くらくらするほどの妙案、こゆのを積極的平和ていうんじゃないでしょーか。
人間には知恵てもんが備わっているのだなあ・・・
うんざりするようなニュースばかりを見ているうちに忘れてた。
2015/07/08(水) 15:36 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
No title
万次郎財団で米国と、長城計画で中国と民間レベルで交流し
若き日の李克強氏を自宅に寄食させ
韓国人を秘書に雇っていた(ネトウヨ情報がホントなら笑)という
小沢さんなら、喜んでくれそうなアイデアだなぁ…(*^^*)
2015/07/08(水) 15:51 | URL | anndue #-[ 編集]
儲かる
戦争ビジネスは儲かる
だからこそ支持されている

そーいや信者と書いて儲かると読みますね
信者がいなければ儲からないのがビジネス

不買運動もひとつの方法かもしれない
2015/07/12(日) 02:42 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR