「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<特別寄稿>  聞いて呆れた「看過できぬ」

聞いて呆れた「看過できぬ」 
たかが一人、されど一人

昨日になって安倍総理が、衆議院の安保特別委員会で民主党枝野議員の質問に答える形で、先日の若手勉強会に於ける様々な不適切な発言について、自民党総裁としての責任を認めやっと謝罪を口にした。今月15日の委員会採決を前提にしたあからさまな環境整備で、本心からではないことが明白なだけに白々しく聞こえてならない。

詳細に覚えてもいないが、中に「沖縄の人を傷つけたとすれば・・・・」と仮定形があったことが引っ掛った。今朝婆さんとそんな話をしていると、婆さんが指摘したのが『総理は日本語の語彙が少ないので、何か新しい言葉をインプットされると、それを多用したがる癖がある。今回その例に当たるのが谷垣幹事長の言から借用した「看過できない」で、現在多用中よ。』

谷垣氏も当初(勉強会翌日の26日段階)はへらへらしながら「批判反論するということは、私は当然、あっていいと思います。むしろ、なければいけないと思います。ただ、そこはやっぱりなんと言いましょうか、その主張の仕方にも品位が必要かな。」だった。ところが世論や国会での風向きが激しくなってきたのを受けて、27日になって急遽処分を発表せざるを得なくなった。

改めてネットで確認すると、この会見では前日と打って変わり「自民党の報道の自由、言論の自由に対する基本的な精神を誤解させるものだ。国民の信頼を大きく損なうもので看過できない」と説明したようだ。婆さんはこれを観ていたのだろう。この日の処分程度で今更、自民党の基本的精神が報道や言論の自由を尊重している、なんて言っても遅すぎるだろうに。

昨夜テレビで英国人ジャーナリストのインタビューを観たが、英国であれば問題になっている大西議員は即議員辞職せざるを得ないだろう。と語っていた。総理の取り巻きが跳ね返って、却って総理の足を引っ張っているのは見え見えだが、幹事長の谷垣氏もなんだか頼りない。本来党内リベラルであるべき筈だが、安倍氏を敵に回したくない思惑が、これもありありではないか。

何れにせよ、事件から10日も経ってから総理が「看過できぬ」とは笑わせてくれる。得意とされる英語も演説を聞く限り中学生以下だが、肝心の国語が、まるで基礎がなっていない。


スポンサーサイト
コメント
すすするどい
『総理は日本語の語彙が少ないので、何か新しい言葉をインプットされると、それを多用したがる癖がある。今回その例に当たるのが谷垣幹事長の言から借用した「看過できない」で、現在多用中よ。』

なななんて鋭いのでしょう。
へたなニュース解説より、こちらのお茶の間をテレビ中継して頂きたい。
語彙が少ないのは、自分で考える習慣がないからか、建設的議論の経験が少ないからか・・・
自分も気をつけなくっちゃ、て思いました。

ちなみに、「たかが一人、されど一人」さんの珠玉の随筆はこちら。
http://takaga.blogspot.jp/2015/07/blog-post_4.html
2015/07/05(日) 13:05 | URL | みうらのま #LkZag.iM[ 編集]
No title
ご寄稿ありがとうございました! 
あいば達也さんというブロガーが先日
「安倍晋三が到底耳にしたことがないような言葉を、ここ一年半程になるが、頻繁に使い出した。『普遍的価値』と『接続可能』という言葉だ」
と書いてましたが、「接続可能」なんてどこから仕入れてきたんですかね…。
2015/07/06(月) 13:38 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR