「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 昭和の歴史は繰り返す NO.84

 安倍チュルドレンの暴走が止まない。沖縄をヤマトの支配地と見做すような蔑視発言をはじめ、言論弾圧、民主主義否定の発言を堂々と行い、世間の顰蹙をかった彼らは、自民党の「注意」にも意を介せず、開き直る始末。薄汚い彼らの名前を記したくもない。こうした有様を見て連想したのは先の侵略戦争時での、参謀本部などの陸軍の意向を無視して中国本土などで無鉄砲な作戦行動を繰り返す中堅将校たちである。
 今になって振り返ると抑え役の中枢幹部自体が本気でなかったし、現場はそのことを織り込み済みで行動していたことも判明している。シンゾウ自体が心中では「もっとヤレ!」と煽っていると解釈した方がすっきり理解できる。
 侵略戦争と思わない、戦争謝罪の村山談話は認めない、答弁者の立場でありながら質問者にヤジを飛ばす、品性・知性において過去に比類なき低レベルの総理だから、何が問題なのか判っていないと思う。国会での委員会討論を聞いたことがある。そこでシンゾウは質問者の問いには答えず、ひたすら問題視されている持論を繰り返していた。それは正に壊れたテープが繰り返すようにという例えがぴったりだった。それ以来彼の国会中継は聞くのを止めたことを告白しよう。
 民主主義の前提には様々なことを挙げることが出来るだろう。相手を対等に扱う、例え出自が自分より「低い」サラリーマン出身代議士でも。謙虚に相手の意見を聞く、例え考えが違って「面白くなく」ても。間違いは素直に認める、相手が「馬鹿にする」女であっても。こうした点を取りだしただけでもシンゾウの欠陥性は際立っている。マスゴミの最大の誤りは彼を未だもって民主主義者という位置づけに終始しているからだ。
 (2015.7.3)
スポンサーサイト
コメント
No title
勉強会を主宰した、名前も出すのも汚らわしい、シンゾー・ユーゲントの木原稔衆議院議員(熊本県第1区)、「マスコミをこらしめる」発言は「反省したい」そうですが、問題は「沖縄の世論がゆがんでおり、なんとかしなければいけない」というネトウヨ特有の被害妄想と使命感のほうであり、こちらには「もっとヤレ!」とシンゾー総統が「いいね!」を送っているのでしょうね。
2015/07/04(土) 10:26 | URL | みうらま #382VQomQ[ 編集]
No title
意見の相違以前に質問にそもそも答えてない、ってのはホント勘弁してほしいです。
議論になっていないんですから、ちゃんと答えなきゃ全部廃案よってなルールがないものか。
そんなこと言わなきゃいけないレベルの人間が首相になるなんて、そもそも「想定外」なんでしょうけど…。
2015/07/06(月) 13:47 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
憲法第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
2015/07/07(火) 11:36 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR