「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 悪い奴ほどよく眠る   NO.78

 尖閣諸島の領有権を巡っての争いが日中間の争点となり、今や両国間の関係は抜き差しならない状態に陥って久しい。最近、中国の態度が軟化したとかマスコミの報道も喧しい。ニュースを読むと習近平は70年談話を注視とあり、日本側に下駄を預けた形だ。何せ侵略自体を認めないシンゾウがどうするのか、これだけ取り上げても中国外交の勝利と認めざるを得ない。この尖閣問題の火付け役だったのが石原慎太郎だ。地域的にも都とは何の関係ない尖閣を都が所有するためと称して寄付を募ったのが最初だ。最終的に都知事の彼は火を付けた後は知らぬ顔を決め込んだ。
 その彼がモンサントの代理人として日本農業を売り渡すことに熱心な米倉前経団連会長と一緒に春の叙勲で旭日大勲章を受けた。「お国のために力を発揮し精進します」と受勲者代表で挨拶したとの記事には笑った。最も国を売る者が使う言葉かと思いブラックユーモアと受け取った。反権力という視点の無い彼は勲章が欲しいだけのただの俗物だったということか。
 ところで、彼が知事時代に都職員への弾圧を加えたことは有名だったが、その中に都立高校教師への君が代処分がある。昨日、君が代斉唱時に起立しなかったとして定年後の再雇用をしなかったことは違法だとして賠償を求める訴訟に、東京地裁は全面的に元教師側の主張を認め都に賠償を命令した。当事者は教育委員会だがそれに指図したのは石原でありその石原は呑気に叙勲し栄誉に浴しているのだから胸糞悪い。
 火付け盗賊改め役とは長谷川平蔵が演じる江戸の治安の総元締めだが、時代を遡れば石原もその役だとも言える。そのような任にある者が生涯に渡り放火しまくって御用にならないのだから末世だ。
  (2015.5.26)
 
スポンサーサイト
コメント
No title
そーいえば御仁、都知事になったばかりの頃、
首都圏の空域の模型を掲げて「米軍から返してもらう」と気勢を上げてましたけど、
ある時点から、ピタッと騒がなくなった記憶があります。
矢部宏治さんのオレンジ本以来、またよく聞くようになった気がしますが
あの模型、貸してもらったらどうかしらん。

https://goo.gl/DDHXiV
2015/05/26(火) 15:02 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
No title
スポットライトのあたり方が関西の御仁と似ていますね。
火をつけて
お金をかけて
訴訟の敗北まで
そういえば一緒に代表されてましたっけ?
2015/05/27(水) 06:21 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR