「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 初代総理はテロリスト出身だったが   NO.75

 大河ドラマ『花燃ゆ』は安政の大獄という一つの山場を迎えている。吉田松陰が直接行動(即ち要人暗殺)を促すなど緊迫した場面が続く。ドラマを見ていくと頑迷固陋な筈の幕府が開国に積極的で、薩長が(中でも下級藩士)攘夷を唱え開国を迫る英米などを武力で追い返せと主張するなど完全な守旧派であったことが解ってくる。薩長中心の明治政府は自らを正当化する歴史を捏造したことが今や明確な事実となっている。討幕のための方便となった「尊王攘夷」だが、彼らは真意を理解しない攘夷至上主義の孝明天皇が邪魔となり暗殺したことで開国への障害を一掃した。だのに江戸制圧後、東北各藩に戦争を仕掛けたのは、彼らにとっての「正史」を書くためには必要不可欠だったし、旧支配層(大名・名門士族)を徹底的に追い落とし自らが支配層へ成り上がる必須の条件だった。維新の元勲も要人も今でいうテロリストだった。

出自がどうであろうと代を重ねると名門となる。かっての足軽や下級士族出身者が地方の有力者や名士として政治を支配してきたのが自民党長期政権の基盤となってきた。それが辛うじて維持できているのが現在の状況である。昔のように有権者比率で過半数を超えるような支持は望むべくもなく、低投票率という民主主義の形骸化現象によって議席や政権を維持できているに過ぎない。

問題なのは現状を根源的な変えるような考えが出てこず、どの政党も物分かりの良い現状手直し型の考えしか出てこないのだから国民の胸には伝わらず、経済的にも心理的にも大きく閉塞感が漂う中で不満は高まるばかりだ。打開の突破口として明治維新、第二次大戦など通説に惑わされない再認識が必要不可欠だと思う。

(2015.4.30)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR