「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 数字はウソをつく   NO.73

 経産省が、原発の事故確率を低くするという記事を見た。その理由を原子力規制委の新規制基準が厳しくなるから事故発生確率が下がるためとしている。カス官房長官などは事ある度に「世界一厳しい基準」などと述べているが、生産から廃炉まで多くの過程で不確実性が高い原発は今だに未知の領域である。科学的裏付けもないのに「安全だ」と連呼し虚構の上塗りを重ねた結果が3・11につながったことへの反省は全くない。要は事故に備えた対策費の圧縮にあることは見え見えだ。具体的には40年間に一回の事故発生確率を倍の80年にするという。
 こうした数字の変更を「費用削減のため」という露骨な言葉では説得力がないので、数字専門のスペシャリストが登場して統計や確率論を駆使し変更の根拠を客観性を装い補足する。アクチュアリーと呼ばれ保険計理士と訳されているようだ。このアクチュアリーには小生は苦い思い出がある。JRやNTTなどの共済年金が厚生年金に移行する構想を打ち出した時、関係した農林年金は長期的な職員数の削減計画を出していて素人が考えても単独の公的年金としては存続できないと思えた。そのためJRなどと一緒に統合すべきと主張した時に登場したのが数理の専門家という訳だ。数字を操り煙に巻くような説明で「農林年金はやっていけます」とごまかされたことを思い出す。ところがJRなどが厚生年金へ統合した途端に、組織のトップが「農林年金は単独では維持できそうもない。厚年との統合に協力してくれ」と姿勢を転換し要請に訪れたのだ。その年金統合劇は様々なエピソードがあるがここでは触れない。
 要は権力者は数字さえ牽強付会に変えることを忘れてはならないことを学んだ。
(2015.4.19)
スポンサーサイト
コメント
No title
数字はウソをつく=(御用専門家が使う)数字は(権力者のために)ウソをつく。
なんか「数字」が可哀想になっちゃったので、擁護してみたりして。
2015/04/19(日) 22:36 | URL | みうらのま #-[ 編集]
われわれの知り得ないすごい数式があるのでしょうか…
2015/04/20(月) 03:12 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
大豆麦さま

「知り得ない」のであれば、高度な数式でも、陳腐な手品でも、一緒ではないでしょうか。
で、一緒なら、後者の方が経済合理的のような気が・・・ (^_^;)
2015/04/21(火) 17:14 | URL | みうらのま #-[ 編集]
困ったものです
少子化の影響は凄まじい。日本の18歳人口を見ても昭和41年には約250万人だったのが、平成25年には約122万人と半減している。こうした事実は年金問題や労働者不足等、多く社会問題の一因となっている。
 一方、ICTによって受発信する情報量が爆発的に増えている。昨年、ブラジルで開催されたサッカーW杯では、大会期間中のツイート数は約6億7,000万回を超え、決勝でドイツが優勝した時には1分間で約60万回のツイートが記録されている。まさに大量の情報が瞬時に世界を行き来する時代になった。
 数字の大小はあるけれど、人の被爆基準は年間1ミリシーベルト、食品基準は100ベクレル/kg、これらの100分の1で頭痛が出るのは放射線化学が間違っている証拠。正しく数字で国民を騙している。
2015/04/21(火) 18:20 | URL | さぬきうどん #-[ 編集]
No title
TPPの情報公開を求めてもだめでしたので、同じように秘密という意味で・・・
2015/04/22(水) 07:06 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
No title
最も強力なのは、「グー」でも「チョキ」でも「パー」でもなく、「秘密」ですよね。
勝ってたら公開すればいいし、負けてたら「秘密」にする。
コレ、絶対、無敵。\(^o^)/
2015/04/22(水) 15:37 | URL | みうらのま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR