「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 民主主義の敵はシンゾウ     NO.70

 沖縄が苦悩している。翁長知事が辺野古への基地移設に向けた作業停止指示を国がブレーキをかけその効力を一時的に停止し作業は続行されている。知事は停止指示を出した根拠として先の総選挙や知事選での県民の意思を挙げている。国は仲井真前知事が出した海面埋め立て許可を根拠としている。その許可そのものが前知事の選挙敗北後の残任期間に出したもので、県民の意思とは反したものであることは明らかだ。
 前々回の総選挙で当選した自民党議員や前知事も県内基地移設反対を公約に掲げていたのだが、総理シンゾウや自民党は圧力をかけ民意を曲げて移設賛成に方針転換させた。そのため彼らが揃ってその後の選挙で落選したが当然の結果である。この経過だけをとってもシンゾウには民意を聞き入れるという考えはないことが解る。沖縄県民にとっては基地負担の軽減を願ってもそれが叶う手段はないということになる。
 フクシマでは東電が住民補償をケチって守らない、原発作業員には休業補償を払わない。
勿論、国内外に恐怖と多大な影響を与えた事故そのものの責任は問われない。相変わらず放射能汚染水を太平洋に流し続けていることは放置されている。国民の生活にとって切実な問題は無視しながら、他方で権力を振りかざし抑え込むのだから始末に悪い。
 総理シンゾウは衆参両院の多数を背景に公約にもない国民生活無視の政策を次々に繰り出している。その根拠は多数決をもたらした民意だというのだから話にならない。権力主義者が民主主義を都合よく使っているだけだ。民主主義の前提は真摯な議論である筈だが彼にはそれが抜けている。
 このままだと沖縄の独立問題に発展する。国民の間での意識の分断がすすむ。
(2015.3.31)
スポンサーサイト
コメント
No title
> 国民の間での意識の分断がすすむ。
地域、世代、収入、雇用形態、国民間のあらゆる格差によるNSH(妬み、嫉み、僻み)が現政権への批判にならず、エネルギーになってる気がします。
これって、旧来の自民党には見られなかったシンゾー政権の革新性かしらん。
古くて新しい統制手段という気もしますが。
2015/03/31(火) 13:13 | URL | みうらま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR