「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> AIIBの衝撃   NO.69

 中国が設立を企図しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加国が増えている。当初慎重だった欧州諸国も続々参加を決め、主要国で残ったのは日米だけということになりそうだ。英豪も決めたからアングロサクソン諸国もこの問題では一枚岩ではなさそうだ。西欧でもない日本がアメリカにしがみ付く様は異様を通り越し滑稽だ。AIIBに対する日米の見解がいう、透明性が欠けるとか公平性に懸念があるという点は最もな気もする。但しこれは世界銀行やアジア開発銀行にも言えること。それよりも中国が言う、これまでの世銀やアジ銀が途上国の立場を踏まえていないということに応えるべきだろう。つまり投資する側である多国籍企業や先進諸国本位のあくどいやり方が問われているのだ。
 アジア諸国で連鎖的に起きたタイ、韓国などの通貨危機に際して、IMFも加えた世銀、アジ銀が、融資の条件として徹底して外国資本への市場開放を迫ったことは知られている。その結果、彼の諸国の土着産業は潰され伝統的な固有の文化まで破壊された。そう言えば総理シンゾウが地方再生を強調し、一方で古き良き伝統を守るなどと御託を並べているが、タイなどの事態はどう考えるか聞きたいものだ(TPPの思想も同根だ)。世銀やIMF、ウォール街など国際的金融支配を行うワシントンコンセンサスの意向で世界は動いてきた。それに歯向う今回のAIIBの動きは、新たな時代の幕開けにも通じるかもしれない。
 近視で視野狭窄なシンゾウは、自らの歴史修正主義に潜在的警戒感を抱くアメリカの機嫌をとれる機会だ、と逆に好機と捉えているかも知れない。何れにせよオバマが方針転換し参加を決めれば従うのだけは確実だ。
(2015.3.24)

スポンサーサイト
コメント
No title
「恥ずかしい国、日本」  orz
2015/03/24(火) 11:31 | URL | みうらのま #-[ 編集]
No title
AIIB設立でドル基軸体制が終焉しないかと期待しておりますです。
2015/03/24(火) 14:23 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR