「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> アメリカの永久租借地沖縄     NO.65

沖縄の米軍普天間飛行場の移転先に予定している辺野古移設反対の集会でリーダーが米軍に拘束され県警が逮捕した。日米地位協定が根拠である。この報道を巡ってのマスコミ各社の姿勢は対照的だ。東京は一面トップで報道し、朝日は隠れるように小さく扱い、読売は記事にしない。つまり辺野古移設について反対、日和見、賛成という主張を明確に表している。

沖縄県民は先の総選挙で、全小選挙区で反対派を当選させ明確に日米両政府の基地政策に反対の意思表示を行った。総選挙の直前に行われた県知事選でも反対派の翁長知事を選んだのだから全県民の総意が固く基地撤去にあること否定しようがない。民意がこれほど明確なのに総理シンゾウは徹底した無視戦術を通している。知事選で敗北した仲井真前知事には常識的にはあり得ない建設許可を退任直前に出させ建設を着工している。しかも新知事とは政府や自民党幹部は面会要求も無視するという考えられない態度を続けている。その挙句に今回の暴挙である。

事件と同じ日に与那国島への自衛隊配備の是非を問う住民投票が実施され、賛成が多数を占めたことが明らかになった。この投票自体には法的有効性はないものの読売は大きく報じた。つまりシンゾウのすすめる所謂「積極的平和主義」への露骨な支持表明を行った訳だ。大企業と中央を重視した政治で疲弊する地方に対し、カネを餌にした調略が功を奏した結果であり、これも従来からの日本を駄目にした手法と変わらない。

反省しないし、反対の声には耳を傾けない。これが「アベノミクスの是非が争点」と位置付けた総選挙結果を、シンゾウへの白紙委任にすり替えられた現実だ。ヤマトンチューの差別は限度を超えている。

(2015.2.25)

スポンサーサイト
コメント
No title
辺野古反対の意志表明だけじゃ、もー足りないから、
「おめーら、いつまでも米国のケツ舐めているんなら、わしら独立するからね!」
てういう脅迫に、そろそろ、変えてもいいんじゃないかな、なんて、
ビール数本、ジンソーダ、5杯以上で、べろんべろんのおじさんが、
ぼやいています、、、
2015/02/26(木) 00:04 | URL | みうらま #LkZag.iM[ 編集]
No title
これまで米国親分のご機嫌を忖度する日本側権力筋の意向?で海上保安庁や警察が動きつつも
本丸米軍自身は寧ろ沖縄の人を刺激しないように自制しているように感じていたのですが
ここにきて自ら暴挙に出たのはなぜだろう?と違和感を感じました。
2015/02/26(木) 16:31 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR