「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 歴史に学ぶということ  NO.61

 第二次世界大戦が終わって70周年、先日アウシュビッツで記念式典が行われた。解放の主役であるロシア(旧ソ連)が呼ばれずに開かれたのだから式典自体の政治性を表している。どんなにひいき目に見てもユダヤ人虐殺を悼むだけが前面に出ただけの普遍性を欠いたものと思わざるを得ない。
 加害の責任をドイツ大統領が述べたという。そのことは当然だし中国への敵意を強め侵略を正当化しようとする総理シンゾウには爪の垢でも煎じて飲ませたいものだ。そのドイツ国内の世論は「8割の国民が過去のユダヤ人迫害よりも現在の問題に力を注ぐべきだ」という。このことを日本と同じくドイツでも戦争責任への反発が起きていると判断するのは早計だ。ナチの被害者ユダヤ人がイスラエルとなり現在では加害者として中東で振る舞っているという不条理への批判が国民意識の根底にあると解したい。ガザ地区がゲットーと何等変わらない状態にあることは繰り返されるイスラエルの無差別殺戮でも証明されている。都合のいい二重基準を用いても説得は出来ない。ドイツ政府に求められているのはイスラエルへの厳しい批判であり、公平な姿勢だ。歴史を学ぶことの意義は現在や未来に過去の過ちを繰り返さないことだと言われるが、皮肉にも近年反ユダヤ主義が高まっているのは歴史を半面しか学ばない結果でもある。
 目を転じて日本はどうか、今だもって加害責任を問うことさえタブー化しているのだから論評の価値もない。その結果が最も近隣国である中国・韓国との現在の国交断絶状態だ。同盟国だった独伊のように被侵略諸国と大戦終結式典を開けない日本は、歴史を全面的に学ばない国として確固たる地位を占めている。恥ずかしい。
(2015.1.30)
スポンサーサイト
コメント
No title
恥を知らないことが、一番恥ずかしいんだと思います。
あの人を見ていると、ヒトゴトながら、
押入れに隠れたくなるくらい、恥ずかしいっす。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2015013000054
> 安倍晋三首相は30日午前の衆院予算委員会で、先の衆院選結果に関し「公約を基に原発
> 再稼働、集団的自衛権の問題も議論し、与党が(衆院議席の)3分の2を取ることができ
> た」と述べ、これらの公約も信任されたとの認識を示した。「公約について国民から信任
> を得れば、公約を進めるべく努力するのは当然だ」とも語り、安倍政権の安全保障やエネ
> ルギー政策を推進する姿勢を強調した。
(改行位置を変更しました)
2015/01/30(金) 17:17 | URL | みうら #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR