「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 膨らむ一郎太郎のコラボ   NO、56


 年の瀬も押し迫った中で、友人から相次いで小沢一郎の生活の党が無所属の山本太郎と新しい政党を結成したという知らせがあった。これまでの選挙で森ゆう子陣営の支援に山本太郎が出かけていたことを知っている者としては何も違和感はないし、老青コンビのコラボレーション効果が期待できると歓迎だ。ネットの反応は知る限りでは批判的な意見が少なくない。それを読み感じたことは、作られた悪玉小沢一郎への批判が根強いことだ。マスメディアの影響が如何に大きかったかを物語るものだが、それにしてもネットを得意とする若者が素直にマスゴミに洗脳されているのには残念としか言いようがない。きちんと事実を追っていけば、小沢事件は大がかりな権力による謀略であり民主党内でも攻撃に呼応した勢力がいたことで小沢一郎が政治的に抹殺される寸前まで追い込まれたことが判る筈だ。
 山本太郎は国会議事堂という議員の働く場で活動する中で今回の結論を出したことだろうから、正しい政治的な真贋の眼を持っていると評価したい。少なくとも前々回の総選挙で未来の党として闘った代表の嘉田女史(当時滋賀県知事)が「小沢さんがこんなに評判が悪いとは思わなかった」などと失礼千万な物言いで小沢一郎を罵倒し敗戦の責任を押し付けるようなレベルではないと確信したい。
 今回のような組み合わせは今後の政治的展望を大きく広げる契機になるのではとの期待も膨らむ。そういえば参議院選の比例区で立候補した三宅洋平が、広島選挙区の佐藤公治と共同で政治談議を行い県民にアピールし互いにエールを交換したことを思い出した。自民党に近い野党議員が少なくない中で、今後の生活の党の指導的な役割を注目したい。
(2014.12.28)
スポンサーサイト
コメント
No title
> それにしてもネットを得意とする若者が素直にマスゴミに洗脳されているのには残念としか言いようがない。

陸山会事件による小沢氏のダーティなイメージに戸惑う山本氏の「なかまたち」には、こちらをご参考まで。(笑) http://tiny.cc/25ajrx
2014/12/28(日) 17:41 | URL | みうら #LkZag.iM[ 編集]
たぶん師匠の繋がりがなければあのままマスコミを信じていただろうものの一人です…

そして恐らく生活支持にはなっていなかったかも。
ネット社会の中でも必要なのは人との繋がり。選挙で電話ボランティアをしてつくづく感心しました。
2014/12/28(日) 18:50 | URL | 大豆麦 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR